【プロスピA】引き継ぎIDを忘れた僕が、トンデモナイ方法で復旧できた件

皆さん、プロスピやってますかー?
毎日ログインしてエナジー貯めてますか?

そう、毎日やってると当たり前になってくるんですが、ログインしてプレイできるってことは実はとてもありがたいことなんですよ!

何を隠そう、僕はちょっとしたことでプロスピにログインできなくなった経験があります。
これは僕にとっては本当に痛かったです(笑)
結局、10日くらいでログインできるようになったんですけど、いやー長く感じましたね。

ってことで今回は、プロスピを消してしまったりしてログインできなくなった時の対処法を僕の経験を交えてお伝えします。

ちなみに、僕が成功した方法は多分、世の中には出回っていません(笑)
それくらい特殊な方法で本人確認まで辿りつきました。

なので運営に問い合わせて無理だったって人も、何か参考になるかもしれませんよ!

プロスピAには引継ぎIDがある

念のため、知らない人のためにお伝えしておきたいのは、プロスピには「引継ぎID」というものがあります。

これを設定しておくことで、以下のような時でもプレイ内容を引き継ぐことができます。

・機種変更した時

・アプリを再インストールした時

主に引継ぎIDを使うのは機種変更の時です。

スマホ端末を変えた時でも、新しいスマホでプロスピをインストールし、自分のプレイ内容を引き継ぐやり方です。

もう1つは、機種はそのままだけどアプリを再インストールした時もこの引継ぎIDを使います。

なぜならスマホを変えてなくても、アプリをアンインストールして再インストールすると新規としてプレイが始まるからです。
なので設定から引き継ぎIDとパスワードを入力して、自分がプレイしていたセーブデータを読み込ませてからゲームを始める必要があるんですね。

アプリを消してしまった時でも引継ぎIDは必要

そうなんです。
今でこそ冷静にこうやって書いてますが、実は僕自身このことを知らなかったんですねー。

ある日の朝、プレイしようとしたらどうもゲームがもっさり動きがにぶかったんですよ。
タップしても反応が悪かったり、「リトライしてください」的な表示が出たりして。
少しイラッとした僕は、思い切ってアンインストールしたんですね。
アプリ自体を再ダウンロードすれば直るんちゃうの?みたいな感じで。

これが悪夢の始まりでした。

上にも書いた通り、アプリ自体を消して再インストールすると引継ぎIDが必要です。
これを知らなかった僕は、新たにインストールし終わった時愕然としました。

「なに・・・データが引き継がれてないだと・・・!?」

機種が変わってなければ、データはそのままロードされて引き続きプレイできると思ってたんです。

引継ぎIDは必ずメモして控えておくことが重要

プロスピ愛好者なら常識中の常識「引継ぎID」の設定。

もちろん僕も設定していましたよ。
確かやり始めの頃、ビンゴミッションに含まれていたような。

なら大丈夫じゃん!

と思われたかもしれませんが、なんと僕はIDを控えていなかったんです・・・。

そう、いくら設定したとしても、いざという時にそのIDを入力できなければ意味がありません。
「設定すること」と「IDとパスワードを控えること」、この両方をちゃんとして初めて引継ぎIDを使用することができるんですね。

引継ぎIDを忘れた時の対処法

それでは、プロスピで引継ぎIDを忘れた、あるいは控えてなかった時の対処法をお伝えしましょう。

とりあえず探す

設定したけど控えてなかった人、まずは徹底的にスマホ内を探しましょう。
忘れたつもりでも、もしかしたらどこかに控えているかもしれません。

・メモ帳とかで保存してませんか?
・メールの下書きとかに控えてませんか?
・ずーっと昔にスクショ画像を保存してませんか?
・LINEのノートやアルバムに保管してたりは?

もしかしたらスマホ内じゃなくて、過去の自分が気を利かせてパソコンなど他の端末にバックアップしてあるかもしれませんよ?
とにかく徹底的に記憶をさかのぼって考えられる場所はとことん探しましょう。
自分の記憶って案外あてになりませんからね。

それでも無ければ、運営会社であるコナミに問い合わせることになります。

引継ぎIDの問い合わせをしよう

「メニュー」にある「ヘルプ・お問い合わせ」をタップします。
その中の「お問い合わせ」から「データ引き継のお問い合わせ」をタップするとコナミのサイトに飛ぶので、そこで必要事項を入力し送信します。

入力事項は以下の通りです。(※は必須事項)

※・Eメールアドレス
※・照会を希望する項目
※・ユーザー名
・ユーザーIDまたは引き継ぎID
・プレイヤーレベル
※・お気に入りに設定していたチーム
※・Vロードの難易度開放状況
・キャプテンの名前
※・所持選手の詳細情報
・「スタートダッシュスカウト」で獲得したSランク選手の名前
※・アプリの利用開始日
※・最終プレイ日時
※・アカウント作成時の端末の機種名
※・アカウントを最後に利用した端末の機種名
※・所持していたエナジーの数
※・エナジー購入履歴の有無
・エナジー購入履歴

これだけの項目を入力しないといけないのか・・・最初見たときはうんざりしましたねー。
まあそれだけ運営側も厳重だということです。

でも、これでプロスピが再開できるのならお安い御用というもの。
覚えている限り細かい情報まで記入するようにしましょう。

とは言え、なかなかすべてを完璧に埋めるのは難しいかもしれませんよね。
僕もそうでしたが、「最終プレイ日時」とか「所持していたエナジーの数」なんて大体しか覚えてないですよね。
ここが間違っていたからと言ってデータの照合ができないなんてことはさすがに無いと思いますけどねー。
復旧してから気づきましたが、僕はふつうにエナジーの数とか間違ってましたからね(笑)
大きくははずれてなかったからかもしれませんが、どうしても自信がなければ空欄のままでもいいと思いますよ!

あと、ユーザー名、プレイヤーレベル、お気に入りチーム、所持選手の詳細情報などについては、フレンドだった人に聞いてみるといいですね。
フレンドになっていると、フレンドの情報がある程度見れるようになっています。

リアルの友達とかだと連絡も取りやすいはずなので、必要な情報をスクショなどで送ってもらいましょう。

「照会を希望する項目」について

「照会を希望する項目」では、「引き継ぎIDを知りたい」「引き継ぎID・パスワード両方を知りたい」「今利用できないアカウントのパスワードを知りたい」の3つから選びます。

普通に考えると一番難易度が高いのは「引き継ぎID・パスワード両方を知りたい」ではないでしょうか。
乗っ取りとかも考えられるので、運営側としても両方教えるのは確実に本人であると断定できないと教えることはないはずです。

そういった意味では、「引き継ぎIDを知りたい」や「今利用できないアカウントのパスワードを知りたい」の方は少し難易度は低くなるかもしれませんね。

ちなみに僕は両方分からなかったので、「引き継ぎID・パスワード両方を知りたい」を選びました。
今思えばパスワードなんてスマホゲームでは大体いつも同じなので、少しでも難易度が低いであろう「引き継ぎIDを知りたい」を選んどけば、そこまで苦労しなくても教えてもらえたのかも?なんて思いますけどね(笑)

もしあなたがこれから問い合わせする段階だとしたら、「パスワードは大体分かる」って感じであれば、少しでも難易度の低い「引き継ぎIDを知りたい」を選ぶのも手ですね。

僕が問い合わせた結果について

上の項目は全て記入し、送信しました。
あとは運営側が送られた情報を元に、サーバー上のデータを照合するのを待つだけです。
僕は記入して送った内容についてかなり自信がありました。

送信から次の日、KONAMIよりさっそく回答がきました。

いただいた情報を元に調査いたしましたが、残念ながら、条件に合致し、かつ、お客様がご利用者ご本人であることの特定には至りませんでした。

そのため、アカウントの照会を承ることができません。

お力になれませんことを、深くお詫び申し上げます。

はじめからアプリを再度ご利用いただける際は、事前にデータの引継ぎ設定を行っておくことや、設定内容を忘れないようにしていただき、お遊びいただけますようお願いいたします。

どうやらダメだったようです。

いやいや・・・ふざけんな!!!

あれだけちゃんと記入して送っているのに、何が不満なんだお前は??
あれでムリなら、誰でも全員ムリちゃうんかい!

送信内容を修正して再度チャレンジ

しかし、思い返せばまだ甘かった箇所もあったかもしれません。
特に持っている選手の情報とかは、まだまだ時間をかければ記入できたはず。
yahoo知恵袋とかで見てみると、所持選手のシリーズ名まできちんと書いて送らないといけないみたいなことも書いてたりとか。

よし!じゃあ今度はさらに完璧に仕上げてから送ろう!

そう考えて時間をかけて、1回目とは比べ物にならない情報量の問い合わせが出来上がりました。
リーグオーダー、通常オーダーについてはベンチも含め、レベルや何年のシリーズは何かなどまで細かく記入。
オーダーはフレンドに聞けば分かることなので、念のためオーダーで使ってなかった所持選手についての情報もできる限り記載しました。

今パソコンを見たらメモ帳に控えてました(笑)
所持選手についてはこんな感じで書いてました。

さっきも言ってた通り、オーダーについてはぶっちゃけフレンドに聞けば分かります。
なのでそれ以外の所持している選手を把握していれば、運営側に信じてもらいやすくなりそうじゃないですか?
基本的には本人しか分かりえない情報の一つには間違いないので。

なのでここは記憶を振り絞って、できる限り詳細に書いていきました。
うろ覚えの選手もあったのですが、そういった選手については今回はパス。
あくまで確実に覚えている選手だけを書きだしていきました。

よし!これで完璧!
さーてもう1度チャレンジしてみますか・・・と思った矢先、僕の目に飛び込んできた文字がありました。

それは・・・。

調査は原則1回

調査対応は原則として1回となり、2回目の場合はお断りさせていただく場合もございます。

注意事項に、こんな記載がありました。

ということは僕の場合、1度送って無理って言われているので、これ以上チャレンジすることはできないの?

そんなの、あんまりじゃない?
せっかく半日かけて所持選手も細かく思い出したのに。。。

2回目の問い合わせを送るためにしたこと

どうしても諦めきれなかった僕は、姑息な手段に出ました。

それは、1回目の時とは別のメアドで送るというものです(笑)
それだけ諦めがつかなかったんですよね。

それに気になるのは、注意事項の書き方。

2回目の場合はお断りさせていただく「場合もございます」。

ということは、お断りさせていただかない場合もあるってことですよね?

まあこの時は半分ダメ元って気持ちになってましたが、やらないよりはマシだろうってことで、送信アドレスを変えて2回目の問い合わせをしました。

2回目の問い合わせ

メールアドレスを変えるという姑息な手段で送った2回目。

またしても返信は早く、丸1日後に結果が返ってきました。

どれどれ、メールを開いて内容を見てみると・・・

いただいた情報を元に調査いたしましたが、残念ながら、条件に合致し、かつ、お客様がご利用者ご本人であることの特定には至りませんでした。

そのため、アカウントの照会を承ることができません。

お力になれませんことを、深くお詫び申し上げます。

はじめからアプリを再度ご利用いただける際は、事前にデータの引継ぎ設定を行っておくことや、設定内容を忘れないようにしていただき、お遊びいただけますようお願いいたします。

・・・うん、1回目の返信と一字一句同じコピペやん?

というわけで2回目も見事に玉砕。
もはや僕のプロスピ人生もこれまでか。
1年近くやってきて、理想のオーダーにようやく近づきつつあったのに・・・。

尚、2回目がダメだったのは、そもそも2回目だったからという理由かもしれません。
2回目に送った内容で1回目に送っていたら、引継ぎIDとパスワードはすんなり教えてくれていたかもしれません。
それはこの段階では知る由もありません。
あるいは2回目の内容で精査したものの、それでも情報が足りなかったということかもしれません。

気になる「エナジー購入履歴の有無」の項目

それでもあきらめきれない僕。
ネット上で何か情報はないかいろいろと検索していたところ、yahoo知恵袋で気になるQ&Aが。

そこには「結局、課金履歴があれば一発で解決するんじゃないの」といったことが書かれていました。

確かに、1度でも課金履歴があれば、本人確認はすぐにできそうなものですよね。
僕はまだこの頃は課金せずに遊んでいたので、エナジー購入履歴は「無し」としていました。

今でこそ、とある方法を使って実質無料でエナジーを購入していますけど、当時は普通に無課金で遊んでたんですよね。

今もし引き継ぎIDを無くしても、これだけ課金してれば一発で本人確認ができるはず(笑)

少し話は逸れましたが、とにかくこの「エナジー購入履歴」の項目が気になったんですよね。

要するに、そもそも課金したことのあるユーザーじゃないと、その他の項目がどんなに完璧だろうと運営側は本人確認はできないって言うんじゃないの?ってことです。

そう考えてみると、だんだん腹が立ってきましたね。
もしその仮説が本当だとすると、あれだけ所持選手など完璧に仕上げたりして苦労したのに、結局決め手になるのは「課金の有無」かい!と。

運営側に課金履歴の有無について抗議してみた

というわけで、こちらもダメ元ですが運営側に聞いてみました。
返信はないかもしれない。
抗議することで、本人確認ができるようになるなんてことはないかもしれない。

それでも、やっぱり聞いておきたい。正義のために。
課金ユーザーだけをひいきして保護するなんてことはあってはならないのだ!

というわけで、僕が実際に送った抗議文面はこちら。

2回目の「本人確認できませんでしたメール」に返信する形で送りました。

※クリックで拡大します

抗議

僕の経験上、こういう場合はとことんゴネた方がいいです。

期待しすぎるのはよくないですが、ダメ元であの手この手でアプローチするといい結果に転がることも結構あったりします。

では、僕がこの抗議分を送ってどうなったかというと・・・。

運営側からの回答は来なかった

はい。これが現実です。

これまでこちらが問い合わせてから1日後に返信が来ていました。
ですが抗議のメールを送ってから5日が経っても返信はありませんでした。
多分、無視されたんだと思います。

もしかしたら運営側が「痛い所を突いてきやがって・・ぐぬぬ」
ってなってるのかもしれませんが、返信がない以上こちらとしてもどうすることもできません。

はあ~~、また最初からやり直しかー。
競い合ってた友達に追いつくのはいつになることやら・・・。
というかもうやめようかな・・・。

そんな感じで、悶々とした日々を過ごしていました。

アプローチを変えて3度目のチャレンジ

もう完全にあきらめかけていた時、ふと思い出しました。

僕がそもそもなんでアプリを再ダウンロードしたのか。
それは、冒頭でも書いた通り、なんだかアプリの調子が悪かったからです。
アンインストールして、再度インストールすれば直るんじゃないかと思ったのが悲劇の始まりだったんです。

僕はここに目を付けました。

つまり、そもそもアンインストールするハメになったのはアプリの調子が悪かったからであって、結果的にログインできなくなったのはアプリの運営側であるKONAMIに非があるのではないか?

ということです。

アプリに不具合が出ていたからアンインストールしてログインできなくなったんだから、ちゃんと責任とってよ!

そういうアプローチで抗議してみようと思いついたんですね。

これまでとは違うルートから問い合わせしてみる

これまでは「データ引き継ぎのお問い合わせ」から問い合わせていました。
ですが、これまで書いてきた通り、ここからの問い合わせについてはすべて断られてきています。
なのでこのルートからの問い合わせはしない方が良さそうです。

そう思って「ヘルプ・お問い合わせ」を見てみると、ちょうど良さそうなのがあるじゃありませんか!

ヘルプ

「試合中の動作に関するご報告」

これだ!と思いましたね。

多分、ここから問い合わせるのって普通は画面がおかしいとか、バグがあったとか、そういった不具合を報告するところだと思うんですね。

なので僕もそういった不具合報告みたいな感じで問い合わせてみよう。
もちろん、不具合のせいでアプリをアンインストールしてしまってログインできない!ってことはちゃんとアピールして。

そうして問い合わせて返信を待ちました。

2日後に返信あり。結果は・・・

2日経った後、運営側から返信がありました。

実際のメールはこちらです。

ご案内までにお時間をいただき、申し訳ございません。

『プロ野球スピリッツA』のアカウント照会について、お寄せいただいた情報からご本人様確認ができました。

セキュリティ上、念のため引き継ぎIDとパスワードは2通のメールに分けてご案内します。

お手数をおかけいたしますが、データ引き継ぎを行ったうえで、改めてパスワードの再設定をお願いします。

キターーーーーー!!!
引き継ぎIDとパスワードも載ってるーーーー!!!

いやー、ここまで長かったですねー。
というかあれで教えてくれるとは、ぶっちゃけ思ってませんでした(笑)

これは憶測ですが、問い合わせする所が違えば、中の運営側の部署も違うのかもしれませんねー。
で、不具合担当の人が僕の問い合わせを見て、データ引継ぎ担当に確認したと。

不具合担当「ちょっと、こんな問い合わせ来てんだけど」

引き継ぎ担当「どれどれ・・・げっ!この前のあの人じゃん!」

不具合担当「なになに、知ってんの?」

引き継ぎ担当「いやー、なんか引き継ぎID分からないから教えろってしつこかったんだよね。

課金もしてないくせに本人確認できねーっつーの」

不具合担当「いやまあそうなんだけどさ。ただね、今度は不具合報告のところから問い合わせきてんだよ。」

引き継ぎ担当「そうなんだ。たちの悪いクレーマーだよな。あの手この手を使ってさ。サクッと断っといてよ」

不具合担当「いやでもそれがさ、アプリに不具合があったからアンインストールしたって書いてんだよね」

引き継ぎ担当「そんなのどうせウソに決まってんじゃん!自分がうっかり消したからって作り話してんだよ」

不具合担当「いや、でもこの人が言ってる不具合のあった時間帯ってさ、本当にサーバーの調子が悪かったのは事実なんだよな」

引き継ぎ担当「えー!そうなんだ。じゃあ調子が悪かったからアプリを消してしまったってのは事実ってことか・・・」

不具合担当「うん。だからこっちにも非があったってことになっちゃうんだよなー」

引き継ぎ担当「うーむ・・・。それなら仕方ないね。ちょっと待って、この人の情報検索してみるわ。・・・あったあった。じゃあこれ、送っといてくれる?」

不具合担当「サンキュー。後で送っとくわ」

こんな感じのやり取りがあったのかもしれません。
なかったのかもしれません。

どちらにしても、こうして僕はプロスピの引き継ぎIDとパスワードをゲットし、データを復旧することができたのでした!

最後に

今回は、僕がプロスピの引き継ぎIDを忘れた際に、問い合わせて教えてもらえた方法を書いてみました。

ご覧の通り、再現性はあまりないかもしれませんけど(笑)
それでも、いくつか教えてもらうために、ヒントとなるポイントはあったと思います。

状況が僕と似ているのなら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

知ってますか?
無料でどんどんガチャを回すことができる裏技

引き継IDを忘れた時、課金履歴があるとないとでは運営の対応は全然違います。
僕が問い合わせた時はまだ課金して遊んでなかったので、めちゃくちゃ苦労したのはこの記事を読んでお分かり頂けたかと思います(笑)

じゃあ課金すればいいんだ!ってことなんですが、誰でも自由に課金できるわけではないですよね。
お給料やお小遣いのうち、ゲームに使えるお金なんてほとんどない人が大半だと思います。

でも、実質お金を使わないで課金できる方法があるとすれば?
お小遣いを一切使うことなく、課金してエナジーを貯めることができるとすれば?

知っている人だけが得をする、なんてことは世の中には結構あったりします。
この方法もおそらくその内のひとつではないでしょうか!?

このブログをお読み頂いた人だけ限定でお教えしますので、ぜひ読んでみてくださいね!

[blogcardurl=”http://ukeuri-trend.info/energy-pointsite”]

プロスピ攻略の完全マニュアル記事はこちら

最後までお読み頂きありがとうございました!

当ブログでは他にもプロスピに関する攻略方法をいろんな角度から書いています。
そのすべてをこちらの記事に完全マニュアルとしてまとめていますので、ぜひご覧頂ければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする