【プロスピA】ヒットやホームランを打つコツ!上手な打ち方を伝授します

プロスピでヒットが打てない!とお悩みの方へ

nagashiuchiです。

プロスピをプレイしていて思うのは「ヒットを自由に打ちてえ~」ってことです。
思い通りにヒットやホームランを量産できたら楽しいですよね。
イベントなんかでもバッティングをうまくこなせると、効率よくプレイできることは多いですし。

という訳で今回は、プロスピ歴3年以上の僕が「ヒットやホームランの打ち方」を伝授したいと思います。

実際に3年以上プレイしてきて、かなり高確率なヒットの打ち方が身に付いてきた今日この頃。

いくつかコツがあるのでご紹介します!

カウント別ヒットの打ち方:0~1ストライク時

ひとことで打ち方のコツといっても、僕の場合はカウントによって考え方が変わります。
まずは追い込まれるまでの打撃理論です。

強振でストレートを待つ

基本中の基本ですが、追い込まれるまではストレートを待ちましょう。
特にプロスピを始めたばかりの人は、ぜひ守っていただきたいですね。
やみくもに変化球に手を出しているうちはヒットを打てる確率は低くなりますよ!
逆に打ちやすいストレートに狙いを定めておけば、ヒットを打てる確率が高くなります。

もちろん打撃モードは「強振」で。
たとえゴロでも強い打球が飛ぶ確率は高いので、野手の間を抜ける確率は上がります。

甘いコースの球しか打たない

上で書いた通り球種は基本ストレート待ちがデフォ。
なんですが、打つべきコースをある程度決めておく必要があります。

プロスピは実際の野球と同様、真ん中~高めの球の方が打球は上がりやすくなりヒットやホームランに繋がる傾向があります。
これを狙わずしてホームランやヒットの量産は難しいと考えたほうがいいでしょう。

具体的に解説すると、僕が追い込まれるまで狙っているゾーンは大体この黄色の範囲です。

このゾーン以外の球であれば、ストレートが来たとしても見逃します。
特に、低めの球や極端な高めは見送る勇気を持ちましょう。
初球からストレートが来て「よっしゃ!!」となる気持ちも分かりますが、それが高低を突いてきた球であれば僕なら見逃しますね。

中でも両コーナーギリギリの低めは絶対手を出さない方が無難です。
打球が上がらずゴロになる確率が高いですし、たとえライナーでもなぜか外野の正面への打球になったりする傾向が多いです。
それなら追い込まれるまではもっと甘い球を待ちませんか?っていう。

一方、さっき言ったギリギリ高めもコース問わず見逃すのがセオリー。
高めを捕らえると飛距離が出そうなものですが、逆に高さギリギリだと球威に押されて外野フライになる可能性も高くなってきます。

まあこのへんはパワーやミートによっても違ってくる部分ではありますけどねー。
例えば外角低めギリギリの速い球でも、特殊能力発動などでパワー99になった柳田選手とかだったら流してホームランなんてのは何度も経験があります。

ただみんながみんなそれだけの能力はありません。
あくまで追い込まれるまでは、甘い球狙いが基本。
画像の黄色部分のような真ん中~高めの甘いストレートを待つことを覚えておいてくださいね。

コースによって打ち分ける

追い込まれるまでは黄色のゾーン付近の甘い球を狙うことを解説しました。
ただしその球をただやみくもに打ってもヒットになるとは限りません。
強い打球を打ち返すためにはコツがあります。

それは、コースによって打つタイミングを変えるというものです。

プロスピという野球は実によく出来ています。
実際、僕は草野球チームでリアルに野球をやってるんですが、プロスピの打撃は現実のバッティングに近い感覚なんですよね。

具体的に言うと、内角の球はうまく引っ張るとよく飛びますし、外角よりの球は流すと反対方向によく飛びます。
しかもヒットゾーンに飛びやすい。
逆に、内角が振り遅れると詰まりますし、外角を無理に引っ張りすぎると野手の正面に飛びやすいです。

このタイミングを意識するだけでも強い打球が飛び、野手の間を抜けてヒットやホームランが出る確率はぐんと上がるでしょう。

カウント別ヒットの打ち方:2ストライク後

さてここからは追い込まれてからの打撃理論です。

これまで説明した通り、追い込まれるまではストレート待ちが基本でしたね。
ですが追い込まれるまでにストレートが1球も来ないこともあります。
「あー意地悪だなー」なんて思いますが(笑)、変化球でコーナーをバンバン突いて来られて秒で追い込まれるなんてのはプロスピではよくある話です。

そんな時どうすればヒットの確率を上げられるのか?
を説明していきたいと思います。

打撃モードはミートで

追い込まれるまでは強振にしていましたが、追い込まれてからはミート打ちに切り替えましょう。
ミートであれば変化球でもバットに当てることができます。
バットに当てなければヒットにはなりませんからね。
バットに当てれば何かが起きる・・・野球やってる人ではおなじみのあの言葉通りです。

ただし例外もあります。
相手投手の変化球がそれほどでもなければ、追い込まれてから強振のままでも対応は可能です。

たとえば、こんな感じのピッチャー。

全ての変化球の変化量が少ないですよね。
こういったピッチャーが相手の場合、僕なら追い込まれても強振のまま対応しますね。
これくらいの変化球であれば強振でもまず空振りすることはありません。
ヒットを打つためには強い打球を打つことが必要なので、強振にしておくに越したことはないんですよね。

まあでも強振で変化球を上手に打つのはある程度の慣れも必要。
始めたばかりの人や変化球が苦手だという人は、追い込まれればミート打ちに切り替えるのが無難です。

センター返しを意識する

ミート打ちに切り替えた後、どんな風に打てばいいのでしょうか?

僕なりの答えは「センター返し」です。
これって野球の基本なんですが、プロスピでもミート打ちの場合はこれが効果的。
タイミングを合わせてピッチャーに打球を打ち返すイメージでスイングすると、センターへ抜けていく確率はかなり高いです。
また、詰まらされて外野まで飛ばなくても、足の速い選手なら内野安打になりやすいんですよね。

プロスピってなぜか三遊間や一二塁間の難しいゴロは内野安打になりにくいんですが、二遊間に飛んだゴロって内野安打になりやすい傾向なんですよね。
なのでたとえパワーの無い選手の時でも、センター返しを意識して打ってほしいです。

カウント別ヒットの打ち方:共通

ここではカウント関係なく、バッティング全体においてのヒットを打つコツやテクをご紹介します。

ボールの下側を打つ

強振時、ボールの下側を打つと長打が出やすくなります。
実際の野球でもボールを正面から叩くのではなく、少し下を叩いた方が打球は上がりやすくなります。
ホームランが欲しいときにはぜひ意識していただきたいポイントですね。
ただしあまりに下を打ちすぎると今度は内野フライになるので、このへんはまさに紙一重ですね。

どのくらい下側を打てばホームランになるのかなど、何度も実戦で確かめながら感覚を掴んでくださいね。

高めの落ちる球を狙う

これは少し上級者向け。
ですが僕が思う一番ホームランになりやすい方法なのでぜひ覚えておいていただきたいです。

その方法とは「高めにきた落ちる球を狙う」です。

これはヘタにストレートを打つより打球がかなり飛びます。
実際の野球でもそうですが、甘く入った反速球(中途半端にゆるい球)が一番打ち頃なんですよね。
これを逃さない手はありません。

ご存知かと思いますが、プロスピで落ちる系の変化球を投げる場合、高さによって変化量が変わることが多いです。
あの千賀投手の「お化けフォーク」でさえ、高めに投げると変化量は大幅に減少してしまいますからねー。

コンピュータを相手にしていると、なにを思ったか高めにフォークを平気で投げ込んできたりしてびっくりすることがあります(笑)
リア対でもたまーに裏をかいて投げて来たりする人もいますが、この球を逃さず打つことができるとびっくりするくらい打球は飛んでいきますよ。

ただ甘めとはいえ多少は変化するので、初心者の方だと最初は打ちづらいかもしれません。
このテクはホームランを量産するためには必須ともいえるので、ぜひ身に付けてもらいたいですね。

変化球を見極める方法

こちらも慣れが必要なテクニックですがプロスピでは避けて通れません。

プロスピでは変化球によって回転が変わります。
ピッチャーがリリースした後、しばらくするとボールのカーソルが現れますよね。
それをじっくり観察してみると、球種によって回転の方向が違うことがわかります。
これを見極めることで、ある程度何の変化球なのかを絞り、ジャストミートを狙う方法です。

たとえばストレートならバックスピンがかかっています。
スライダー系やシュートであれば真横に回転していますし、カーブなら斜めの回転がかかっています。
これを瞬時に見極めることで、ピッチャーの持ち球から何の変化球がくるのかを判別するんですね。

これが自由にできるようになると、プロスピで打撃を制したと言っても過言ではありません。
僕もこれを極めるために日々精進しておりますので、皆さんも一緒にかんばりましょう!

能力の高い選手を使う

これはもう打撃理論でもなんでもありませんが(笑)、能力の高い選手を使うのはヒットやホームランを量産するうえで欠かせない要素です。
同じ球を打つにしても、能力が高い方がヒットになる確率は上がります。
まあ当たり前といえば当たり前なんですが。

「いやいや、無課金だしそんないい選手ばかり揃えてられないよ」

おっしゃる通り。
プロ野球の世界には何百人という選手がいるので、その中から能力の高い選手をゲットするのは難しいです。
さらにSランク選手となると、確率はさらに低くなっちゃいます。

でも、その確率をぐんと上げる方法があります。

それは、ガチャを引きまくることです。

「いやいや、基本的に無課金だし」
「そんなお金があれば苦労しないんだよね」

なんて声が聞こえてきそうですね(笑)
でももし、実質無料でエナジーを貯めることができたら?
ばんばんガチャを引いて、最強クラスの選手をどんどんゲットすることができたら?

こちらの記事でその方法をまとめていますので、ぜひご覧ください!

最後に

今回は、プロスピでヒットやホームランを打つコツをお伝えしてきました。

こう言うと元も子もありませんが、100%完全な打撃理論なんてのはありません。
そりゃゲームなのである程度の傾向だったり、限りなくヒットを打つ確率を高める方法はあります。
今回ご紹介したのもその方法の内のひとつです。

ですが、これさえやっておけば「絶対に」打てる方法なんてのはないんですよね。
逆に言うとそんなのがあれば、そのゲームは面白くないのではないでしょうか?
慣れるまでは難しいから奥が深い。
だからやってて楽しいし、長く遊べるんですよね。
僕なんて3年間プロスピをほぼ毎日やってますが、全然飽きてませんし(笑)

今回ご紹介した方法で、あなたのプロスピライフが少しでも楽しくなれば嬉しいです!

プロスピ攻略の完全マニュアル記事はこちら

最後までお読み頂きありがとうございました!

当ブログでは他にもプロスピに関する攻略方法をいろんな角度から書いています。
そのすべてをこちらの記事に完全マニュアルとしてまとめていますので、ぜひご覧頂ければと思います。