文鳥の日ってなに?寿命は?飼ってた僕が教える文鳥の意外な生態!

皆さん、文鳥は好きですか?
僕は大好きです。犬とか猫は飼ったことないですが、実家にいた時はずっと文鳥を飼ってました。

文鳥の日は10月24日

何やら文鳥の日ってのがあるみたいですね。10月24日の今日がその日だそうです。
手に(10=テンと2)幸せ(4)」の語呂合わせで、2005年に制定されたとのこと。

かなり無理やり感がありますが(笑)、作った人の文鳥に対する愛情が感じられますね。なんとか文鳥の日を作りたい!って気持ちで、いろいろ語呂合わせできるパターンを探したのでしょうねー。手に乗った文鳥は本当にかわいいですからね。

文鳥の種類

一口に文鳥って言っても、結構いろんな種類があるみたいです。

一番オーソドックスなのは、ノーマル文鳥です。
全体がグレーで頭としっぽが黒色、頬っぺたの周りが白色のやつです。文鳥といえばこれを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

また、この種類の中でも羽などに桜の花びらのような模様があるのを桜文鳥と言います。厳密に言うと、本当のノーマルなやつは減ってきているみたいで、この色使いの文鳥は大抵桜文鳥だったりします。

真っ白の白文鳥もよく見かけますね。ネットでたまに見かけるかわいい文鳥特集とかだとこの種類が多い気がします。僕が飼ってたのもこの白文鳥でした。

他にも調べてみると、薄茶色のシナモン文鳥とか銀色っぽいシルバー文鳥なんてのもいるらしいです。他にもいるので気になる人は調べてみてください。僕は見たことないですねー。今度ペットショップに行ったら見てみようと思います。

文鳥の気になるあれこれ

そんな文鳥について、長年飼った経験のある僕がいろいろ書いてみたいと思います。

気になる寿命

なんか小さいし弱そうなので、早く死んじゃいそうですよね。

でも実はかなり寿命は長いんです。
実際、自分の飼ってた文鳥は12年生きました。平均は7年くらいと言われているので、かなり長生きでしたね。最後の方は老化で満足に飛べず、目もほとんど見えてなかったようですが、それでも最後まで家族を癒してくれていました。

ただし、うちの場合は最初は4匹だったんですよ。雛の時にペットショップで買ってきたんですけど、途中で他の子たちは死んじゃいました。それらは寿命より早かったので、やっぱり個体差があるのかもしれませんね。

手乗りにするには

文鳥って手に乗ったりして人に慣れてるイメージがありますけど、仲良くなるには雛から育てた方がいいです。

4匹がうちに来たときも雛でした。僕が子どもの頃だったので正直あんまり覚えていないのですが、お湯でふやかしたエサをスポイトで与えてた覚えがあります。もちろん直接口に入れるやつです。みんな口を開けてぴーぴー言ってたのを覚えています。

そうやって親鳥の代わりにエサをやって慣らしていくと、飛ぶようになった時もめっちゃなつきます。肩にも乗ってくるし、人差し指に乗ってこっちを見てきたりします。

ただし、嫌われると乗ってくれなくなることもあるので注意です。
これはブログとかで自分の文鳥を紹介している、いわゆる文鳥マニアでも知らないかもしれないですね。なんで僕がそんなこと知ってるかというと、自分が嫌われた経験があるからです(笑)。

小学校低学年で好奇心旺盛だった僕は、文鳥がかわいすぎるあまりいじり倒していたんですよ。キャッチボールみたいにして投げてもちゃんと飛ぶのか実験したり、口に文鳥を含んで閉じてみたり(笑)そりゃ嫌われますよね。マニアに怒られちゃいそうですね。

親がちゃんと慣らして家族分け隔てなく接してくれていた文鳥ちゃんでしたが、いつしか僕のことを恐れるようになりました。

慣らすのはひと苦労ですけど、嫌われるのはすぐだなーと思いますね。その後、信頼を回復させるのに結構時間かかりましたね。ふつうは大丈夫だと思いますが、気を付けたいところではあります。

芸もする

文鳥は頭のいい鳥です。教えれば芸をしたりします。

うちのがしてたのは、口笛を吹いて呼び寄せるというもの。部屋のどこにいてもピーっと口笛を吹けば、ひらひらと飛んできて肩に乗ってきます。思い出すだけでもかわいいですねー。

リズムに乗って踊ったりもしましたよ。手を上下させて目の前で見せると、それに合わせてピョコピョコと跳ねたりします。

他にもお口の掃除をしてくれたりもしましたねー。これはもしかしたらうちだけかも?肩に乗ってるときに、僕が顔を向けて口を「いーっ」として歯を見せるじゃないですか。すると歯と歯の間をくちばしをでつついてくるんですよ。最初は歯垢を取ってくれているのだと思ってえらいねーなんて声かけてたんですが、よくよく観察するとどうやら唾液を吸ってたみたいですね(笑)水分補給してたんです。親からは「お互い汚いからやめとき」と言われてました。そりゃそうだ。

文鳥あるある

・爪が伸びがち
ほっとくと爪がめっちゃ伸びます。そりゃ生き物だから当然ですね。文鳥のつめは細いです。途中まで血管が通ってるので、切る時は注意が必要です。だからめんどくて放置になりがちです。マメに切らないと布とかに引っかかったりするので危ないです。

・羽が伸びがち
一応、室内で飼うときは羽を切るように勧める人も多いです。飛べるか飛べないかくらいに短くしておくと、びゅんびゅん飛び回ることがありません。せまい部屋だと危険ですしね。あと万が一外に出ちゃっても捕まえやすいです。でもそんなことは最初だけですぐ切るの忘れちゃいます。だってかわいそうじゃないですか。自由にさせてあげたいじゃないですか。もし切るときはちゃんと本などを見て正しく行いましょうね。

・くちばしの横に変なんがつく
つくっていうより、くちばしの一部が異様に成長するんですよ。あれなんなんでしょうね?くちばしの横あたりに、うすい殻で出来たようなのが伸びてくる。くちばしの外側にできるので別にエサを食べるのに困ったりはしないんですが、なんであんなのが出来るのか不思議ですね。いつも気が付いたら取れて無くなってました。

・ふくふくする
寝る時とか羽を膨らませてふくふくします。これが大福と言われるゆえんですね。白文鳥ならリアル大福です。

・片足で寝る
これって大抵の鳥がそうですかね。寝る時は一本足で寝ます。止まり木でゆらゆらしながら目をつぶっています。よく観察すると、片方の足は羽毛の中に収納して全く見えません。器用に折り曲げて1本に見せています。あれってなんなんでしょうね?2本の方が安定するだろうに。インドの修行僧でいそうですよね。

なんか書いてて懐かしすぎて泣きそうです。
子どもがもう少し大きくなったら飼ってみようかな、文鳥。

今度は嫌われないように愛情たっぷりで育ててあげるからね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする