遅い!ビットコインをZaifから送金したが、10日経っても入金されない話

nagashiuchiです。

皆さん、仮想通貨トレード楽しんでいますか?

仮想通貨をやっていると、必ずブチ当たるのが送金問題です。

「送ったはずの通貨がいつまで経っても届かない・・・」

そうなんです。
気軽に素早く送金できるのがメリットのはずのビットコインなのに、なんでこんなに遅いの?ってくらい詰まったりします。

なかなか届かないと不安になりますよね。
仮想通貨とはいえ自分のお金なので、送金が滞るとそわそわしてしまう気持ちはとても分かります!

何を隠そう、僕も送金遅延の経験者です。
それも生半可な遅れではありません。その期間、なんと10日間以上!

今回はそんな遅延マスター(?)の僕がなぜこんなに待たされたか、そしてどのようにして対処したのかを順を追って説明していきたいと思います。

海外取引所に送金したビットコインが届かない

僕は最近、国内取引所だけでは飽き足らず、海外の取引所にも登録したりしています。
具体的には、バイナンス、Kucoin、coinexchangeといったところです。

海外取引所は初心者には早いと言われていますが、興味が湧いたらとりあえず突き進む性格なので、現在では既に上記3つの海外取引所に登録しています。

そんな必死になって何の意味があるの?メリットあるの?バカなの?
なんて声が聞こえてきそうなので軽く説明すると、要は国内では扱っていないようなマイナーなアルトコインが購入できるんです。

まだ時価総額が少ないうちに買っておけば、いつか化けて大儲けできるのでは・・・なんて淡い期待を抱いてるわけですね。ダイヤモンドの原石を探す的な。

こういったコインをネット上では草コインなんて呼ばれています。

で、海外取引所に登録した後、まずはコインチェックやzaifなどの国内取引所からコインを送金しなければなりません。
なぜなら海外取引所に直接円を入金することができないからです。
そのため、ビットコインを始めとする仮想通貨を使って送金するわけですね。

ところが、この送金ができずに今とても困ってまして。
zaifからKucoinに送った0.01BTCがいつまで経っても届かないんです。

いや、送金するのは初めてではないんですよ。
それまで何度か送金してちゃんと届いてたんです。
ところが、1/10に送金したはずの分だけが一向に届かない。

・・・とか書きつつ、理由は大体分かってるんです。

そう、それは手数料の設定です。

ビットコインの送金手数料が高い!高すぎる!

仮想通貨を送金する際、手数料がかかります。

詳しくはここでは省略しますが(というよりあまり知識がない)、仮想通貨をある所からある所へ送る際に「マイナー」と呼ばれる人たちがマイニングっていう作業をするんですけど、手数料はその人たちに払うためのものらしいです。

で、その手数料っていうのが曲者でして、ちゃんとした金額ってのが決まってないんですよね。

なんというか、イメージ的にいうと
コインの流通量が多くてマイニングする人が忙しい時は相場が高くなり、その中でも手数料を多く支払っている人が優先的に送金してもらえる」感じです。
専門的な用語とかあんまり分かってないんですが、イメージとしては大体こんな感じ。

あ、金額が決まってないって書きましたけど、各取引所で決められている場合もあります。
ただそれも便宜上平均的な金額を設定しているだけです。
大体これくらいに設定しておけば、そこまで遅延を感じることなく送れますよー的な決め方です。
なので状況によってその平均額は変わります。
実際、今は仮想通貨で取引する人が増えているので、その金額もどんどん上がってきていますよね。

僕が確認した限りだと、コインチェックなんかはビットコイン送金手数料は固定されていました。
高くも安くもできません。
送る金額に限らず0.001BTCで固定されています。

なるほど、0.001BTCね。

・・・高けーよ!!

僕みたいに少ないお小遣いの中から資金を捻出しているトレーダーにとって、これは少し高すぎますよね。
だって現在ビットコインのレートが1BTC=約130万円でしょ。
0.001BTCってことは、1300円が手数料になるわけです。

僕が海外取引所とかに送金する額なんて、たかだか0.01BTCとかそんなもんです。
そんなにがっつり投資するわけではないですからね。

そう考えると、10分の1が手数料で持っていかれるわけです。
10000円送るのに1000円手数料で取られるイメージです。
それじゃああんまりだ。

そこで登場するのがzaifです。

Zaifは送金手数料が手入力で変更できる

ご存知の方もいるかと思いますが、zaifは手数料が変更できるんですよね。
デフォルトは0.001BTCとなっていますが、手入力で高くすることも安くすることもできます。
そこに目をつけた僕は、前述のKucoinに送金する際の手数料をデフォルトよりも低く設定してみました。

最初は「0BTCでもいけるんちゃうか?」なんて考えて、試しに手数料無料で送ってみようか迷いましたが、さすがにマイナーに悪いかなと思って踏みとどまりました。

なので、今回は手数料を0.0001BTCにして送ってみました。
そこまで急いではないですが、あまりに遅すぎても嫌なので。

そうです、デフォルトの10分の1です。約130円。
これで送れたらしめたもの。ありがとう、zaifさん!ってなものです。

だがしかし、いま思えばこれがよくなかったんでしょうね。
悲しいことに10日経った今も、送金が完了する気配はありません。

ここで、ご報告。

手数料を少なくすると送金スピードが遅れるっていうのは本当でした!

2~3日遅れることはSNSとかで見たことがありましたが、アドレス間違い以外でここまで遅れるなんてのは多分聞いたことがありません。

ここにきてようやく焦った僕は、ネットで調べて対策を実行してみました。

以下、この10日間の経緯と、遅延に対処するべく試行錯誤してみた様子を主に画像で説明してまいります。

1/10に0.01BTC送金、手数料は0.0001BTCに設定

はい、最初からまず説明しますと、Zaifにて1/10にKucoin宛に送金しています。

一番上のやつですね。
ご覧のとおり、手数料は格安の0.0001BTCに設定しております。
今思えばバカ丸出しですよね(笑)それじゃあ文句は言えないよっていう。

まあある程度の遅延は覚悟していました。
なんせ推奨価格の10分の1ですからね。
通常の10倍くらい遅くても不思議ではありません。
急いでいないので別にそこはよかったんです。

No transaction found with the hash ~

なので当然、トランザクションはずっとこんな感じでした。

実は送金してから2日くらいはあまり気にしていなかったのでその間見ていなかったのですが、少なくとも2日経った時点で見ると「No transaction found~」の表示が出ていました。

手数料をちゃんと通常どおりの金額で送っていれば、通常遅くても1時間くらいで承認作業に入っている画面になるはずなんです。

まあ2日くらいなら遅れることもあるよねー、とは思いつつも何となく不安になった僕は一度この時点でzaifに問い合わせてみました。
2日経ってもずっとNo transaction found~の画面なんですけど、これどういうこと?」といった内容です。

丸1日くらい経って以下のような返信が。

申請していただきました出金につきましては、Zaifからの出金が
完了していることが、確認できております。
出金状況につきましては、ログイン後、
出金ページより、トランザクションIDが発行されているかを
ご確認いただきますよう、お願いいたします。

うん、まあそうですよね。
基本的には、出金は完了しているからそれ以降のことはこちらでは分かりかねまーすってスタンス。
分かってますよーだ。ただ不安だったから念のため問い合わせたまでです。

で、zaifが言ってるトランザクションIDはというと、ちゃんと発行されています。
そう、画像を見てもらえれば分かるとおり、zaifからはちゃんと出金されているんですよ。
ただ承認状況の確認画面では「No transaction found~」になっている。
これどういうこと?

やっと承認作業が開始された!

なんだかモヤモヤしつつも、それから3日が経過。

ふと見ると、ようやくこの承認経過を確認するページが表示されていました。
これによると、6時間くらい前から反映はされていたようです。
いやー、よかったよかった。

一時は「インターネットの屑となって消え去ってしまうのか・・・」なんて半ば諦めモードだったんですけど、どうやら僕の0.01BTCはまだこの世に存在していたようです。
後はしばらく待っていれば、Kucoinに入金されるはず。

しかし、そんな僕の考えが甘かったことに気づくのはまだ少し先のことなのでした。

僕の前に再び「No transaction found ~」が現れた

そんな次の日、BLOCK CYPHERの承認画面を開いた僕は愕然としました。
そこには、あの例の忌まわしき文言が現れたのです。

No transaction found~」(そんなトランザクションないですよ?

・・・ふ、ふざけんな!!

昨日ちゃんと承認画面に進んでたやないか!あれはウソやったんか!なんで戻ってんねん!!

この時点でようやく僕は事の重大さに気づきました。

このままではいけない。
ビットコ野郎にいいように小突き回されて、僕の投資人生を浪費された挙句に下手したら全財産奪われてしまう。

そんなのは嫌だ!
Kucoinにちゃんと送金を完了させて、草コインで億り人になるんだ!
だから僕は飛ぶんだ、どこまでも!

いくで。やるで。ビットコイン送金や!

送金詰まりの対処方法を片っ端から調べてみた

やっぱり世の中には僕と同じく「手数料を低くしすぎたために送金されずに困っている」人がたくさんいて、いろんな人がその解決策についてアドバイスを書いてくれていました。
実にありがたいですね。

対応策はいくつかあります。
まとめてみると以下のような感じです。

・取引所で送金をキャンセルして取り消す

・出金先アドレスに間違いがないか確認する

・同じ出金先に再度送金する(手数料は通常かそれ以上で)

・「トランザクションアクセラレーター」を使う

・後から手数料を修正(追加)する

順に説明します。

取引所で送金をキャンセルして取り消す

調べたところ、コインチェックであれば送金履歴画面で「キャンセル」が出ている間は取り消しができるようです。
僕は今回はzaifだったので、キャンセルボタンが無くできませんでしたが・・・。

ただし、どちらにしてもいったんブロックチェーン上に送られてしまった段階だとキャンセルはできないみたいです。

まあ遅くて困ってるって時点で、キャンセルできる段階ではないのかもしれませんけどねー。一応参考までに。

出金先アドレスに間違いがないか確認する

そもそも、出金先アドレスの入力が間違っていたら、送金されるものもされません。
今さらかもしれませんが、アドレスは手入力ではなく必ずコピペで行いましょう。

僕はというと何度も確かめてみましたが、どうやら間違いはなさそうでした。

ツイッターとかでは、アドレスの入力ミスで数十万単位のコインが失われたなんて人もいたので、十分気を付けましょう!

こうなったら、それこそネット上の彼方に消えてしまうので・・・。

同じ出金先に再度送金する(手数料は通常かそれ以上で)

これ、後でも詳しく書きます、実際に試してみました。

最初に送金した分をA、後から送金する分をBとします。
手数料が安いので避けられて放置されているAに、ちゃんとした手数料を払うBを後から送って2つをひっつけることで、マイナーにAとBを同時に承認してもらうのを狙う方法です。

これで成功したって人が結構いるようで期待できますよね。
詰まっているのを後から送ることで押し出すイメージでしょうか。

実際に試してみた様子は下で書いているので参考にしてください。

「トランザクションアクセラレーター」を使う

とりあえず、下記をご覧ください。

https://pool.viabtc.com/tools/txaccelerator/

ここにトランザクションIDを入力するだけで、トランザクションの承認を早めてくれるとか。

なにそれ、すごいんですけど。さっそくやってみました。すると・・・

えーと。
僕、初めてなんですけど・・・。

その後も何度か試しましたが、同じメッセージが表示されるのみで、とてもじゃないけど承認を早めてくれる気配はありませんでした。

この表示以外にも「送金手数料が安すぎます」なんてのも出る場合があるそうで、正直本当に使えるのか疑問です。
というか、そもそもなんでここで催促するだけでマイニングが早まるのかがよく分かりません。
有料ってボタンもあるけど、そっちだといけるのかな?なにか裏金的な感じで。

まあここ見てくれてる人は藁をも掴む思いの人が多いと思うので、ダメ元で一度試してみてください。

多分ダメですけど(笑)

後から送金手数料を修正(追加)する

なんか、そういうやり方があるみたいですよ。
いったん送金手続きしてしまった後からでも手数料を追加する方法です。

ただ、僕も調べてたんですが、専門的過ぎて途中からよく分からなくなってしまったんですよね(笑)

少なくとも僕みたいな初心者だと恐らく不可能です。
それくらいややこしかったです。
なのでここでは割愛しますね。てかまとめる自信がない。

もし気になるようであれば調べてみてください。
そして理解できるようであれば、僕にかみ砕いて教えてください(笑)

同じアドレス宛に送れば送金詰まりは解消される?

上にも書いた通り、3つ目に挙げていた方法を実際に試してみました。
最初に送っていた分を押し出すために、後から手数料をちゃんと払って再度送金してみるという方法です。

SNSやブログなんかを見てると、この方法で解決したって人は比較的多い印象でした。
なので僕も期待して実際にやってみました。

いや、初めから手数料ちゃんと払って送っておけばこんな無駄なことにはならなかったんですけどね。
でも詰まってどうしようもない今となっては、そんな手数料がどうとか言ってられません。
ネットの彼方に消えてしまうくらいなら、手数料くらいちゃんと払ってやりますよ。

さあ、押し出しておくれ、僕のビットコインくん2号!

じゃん。
ってことで追加で送ってみました。一番上のがそうです。

残高の都合上、0.065BTCというなんとも微妙な金額ですが、手数料はちゃんとデフォルトの0.001BTC払っています。

すると、すぐさま反映されました。

Less than a minute ago ってのは、1分以内に反映されたってことです。
承認段階はまだ0/6ですが、ここから段階を踏んで承認されていくのでしょう。
恐らく、最初に送金した分と一緒に。

そんな感じで待つこと約1時間。
ついにその瞬間がやってきました。

6+」ってあるのが、6段階あった承認作業がすべて終わり送金が完了したことを示しています。やったー!

後から送った分が送金できたってことは、最初に送った分も一緒になって着金しているはず。いやー長かった。気づけば10日が経っているではないですか。

どれどれ、もう一方のトランザクションはどんな感じかな?

ガーン。

何も進んでいない。泣きそうだ。
なぜだ。押し出されるんじゃないのか。てか押し出されろよ!

この後、ちょいちょい確認していますが、これ書いてる時点でまだ送金は進んでいません。
ずっとこの画面のまんま。
なので「後から送って押し出し作戦」は僕のケースだと通用しなかったことになります。

ちなみにKucoin側のデポジット記録っていう入出金履歴的な欄はこんな感じ。

下が追加で送金した分。上が10日前からずっと詰まっている分です。

これを見る限りでは、一応Kucoin側でも最初の送金分の存在を認識しているようではあります。
ですが、よく見ると「状態」のところが「確認:0」となっていて(意味は分からない)、画像ではわかりにくいですがその横でグレーの丸がくるくると回っています。
ゲームの「ロード中」みたいな感じで。

いやー、これはどうやら長期戦の様相を呈して参りましたね。
場合によってはKucoinの運営にも問い合わせしたりしないといけないのかもしれません。
いやだなー、英語で翻訳しながら文章組み立てるの・・・。
何度か海外とやり取りしたことはありますけど、めんどくさいんですよねー。
英語得意じゃないですし。

今後、解決したり何か動きがあればもちろん追記していきます!
僕の戦いはつづく・・・。

「いくで。やるで。ビットコイン送金や!」

【追記:2018.01.22】

やりました!
この記事を公開した次の日、つまりこれ書いている今ですけど、さっきKucoinを見たらちゃんと入金されていました!!

いやー長かったです。その期間、12日。
(画像の「時間」は、恐らくグレーの丸がくるくるし始めた時間ってことです)

記事中でも書いていますが、手数料で本当にこんなに変わるんですねー。
こんな目に遭いたくない人は、初めから手数料は適性価格で払いましょう!

関連記事です。

何だかんだでまだまだ仮想通貨は右肩上がり。
素人の僕がどうやって利益を出せたかについて書いています。