豊田真由子議員の秘書騒動、本当のスパイは一体誰だ!?

先日、謝罪会見をした豊田真由子議員。

連日世間をお騒がせしていますね。

「このハゲーーー!!!」

彼女が秘書に言い放った名(迷)言は、

今年の流行語大賞ノミネート間違いなしでしょう。

これってスパイじゃね!?

今さら一連の騒動について

いちいち言及するつもりはないのですが、

こんな騒動があった時に私がいつも思うのは

これってスパイじゃね?ってことです。

イメージダウンを狙うスパイ

スパイってのは皆さんご存知の通り

味方のフリをして敵の内側に入り、

いろいろ情報を盗んで味方に流したり

わざと失態を犯したりして

敵のイメージ・評判を落とすような存在です。

映画でよく描かれてたりするのは

敵の内側に潜入して情報を得たりする方ですが、

日本の政治の世界ではむしろ

敵側でわざと評判を落とすようなことをするスパイが

かなり効果的に暗躍してるんじゃないかと思いますねー。

政治家なんてのは実力もそうですけど

評判やイメージもとても大切じゃないですか。

そこにつけこんで、

スパイが敵のイメージダウンを狙うのは

ごく自然な事なのかもしれません。

いや、豊田真由子議員の秘書がスパイかどうかはしりませんよ。

でも一部ではあの秘書が元週刊誌の記者だったなんて

話も出てきているようですし、

なんらかの意図が働いている可能性はありますよね。

それにもしそうだと仮定すると辻褄が合うし、

そもそも私はそういった見方をするのが好きです。

意外と世間の人ってそういう風に考えないのかな?

うちの嫁にこの説を話したら

「えー、そんな見方する普通?」

なんて言ってましたし。

相変わらず違う、ネットとテレビの反応

テレビなんかでは、このハゲ発言をはじめとする

豊田議員の言動や人間性について

否定的な意見が大半のようで(そりゃそうだ)、

私もこの人の人間性については

問題あると思うし政治家に向いてないなーと思うけど、

秘書の体たらくについてはあまりクローズアップされてないのでは?

ネット上ではどちらかというと

豊田議員に同情する声も多く見られますね。

ちゃんと選ぶ人選んでますねー

もし自分が政治家で、

秘書があんなダメダメだったら

さすがに暴力は無いと思いますけど

嫌味の一言や二言は言いたくなりますね。

バースデーカードのあて名を書き間違えたり、

高速道路を逆走するなんてのが表ざたになってますけど

そんなこと以前にもう声だけで分かりますよね。

あの秘書の仕事できなさそうな感じは。

そこへきて豊田議員のヒステリックな性格でしょ。

そりゃもう、相乗効果で暴力・暴言につながっても

なんら不思議ではないですね。

だから仮にこの秘書がスパイだったとするとですよ、

ちゃんと選ぶ人選んでるなーって感じです。

豊田議員のようなヒステリックな人間だからこそ、

イライラさせがいがあるじゃないですか。

というか、それがそもそもの目的なわけで。

イライラさせて、暴言、あわよくば暴力をふるわせたい。

それを明るみにすることで、

与党の議員一人を離党に追い込み、

ひいては自民党のイメージもダウンさせる。

それがスパイとしての目的なわけです。

それに見事はまってしまったのでは?ってのが

私の意見ですね。

いやがらせしてんのに何の反応もなく

粛々とクビにされるだけじゃ意味ないですからねー。

豊田議員のような人がターゲットにされるのは必然ですね。

本当のスパイは誰だ?

・・・

しかし、ここまでの話は

比較的よくある話だと思います。

うがった見方するのが好きな人は

普通に上記のようなこと考えてると思います。

そこで、私の新説。

それは、豊田議員がスパイなのでは?ってことです。

豊田議員自身が実は、

なんらかの「反体制組織」によって送り込まれた、

与党イメージダウン要員なのではないでしょうか。

こうなってくると話がややこしくなってきますね。

もし豊田議員が与党の足を引っ張ることを目的とする

スパイだったとするならば、

ダメダメ秘書は一体なんなのでしょうか。

ただのボンクラだったのでしょうか。

恐らくですが、この説に基づくならば

豊田議員も秘書もグルだった可能性が高いですね。

秘書がダメダメを演じる。

それに対して暴力・暴言。

こんなことされましたーって世間にチクる。

反自民のマスコミが一斉に叩く。

離党する。

与党のイメージダウン&議席数減る

目的達成!

こう考えると実にスムーズですねー。

自民党でいえば、これまでにも

いろいろあったじゃないですか。

スパイとはまた違うかもしれないけど、

最近で言えば森友学園の籠池理事長とか

安倍総理と親しいイメージを最初に植え付けておいて

実は悪い事してました・・・ってパターンでしょ。

あの一連の事件も私は疑ってますよ。

最初から与党イメージダウン作戦なんじゃないかって。

そりゃあ勘ぐりたくもなりますよね。

野党やマスコミが外から批判するには、

何か「批判するべきこと」が必要なわけです。

ただしその批判するべきことがない場合、

自分たちで作り出すしかないんですね。

まあこの時点でおかしいんですけど、

政治の世界ではよくある話です。

なので、そういった反体制組織が

スパイを送り込むなんてのは

いわば当然の流れなのではないでしょうか。

真相は闇の中

果たして

秘書がスパイなのか。

豊田議員がスパイだったのか。

はたまた両方がスパイだったのか。

あるいは、スパイなんて最初からいなかったのか。

真相はおそらく明らかにされないでしょう。

でももしかしたら、

そうやって与党に有利なように

世論を誘導するこんな記事書いている私が

スパイなのかもしれませんよ?

(そんな影響力ないっちゅーねんw)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする