VRゴーグルを使ってYOUTUBEの360度動画を簡単に見る方法!

どうもnagashiuchiです。

何かと話題のVR。皆さんはもう体験しましたか?
僕はとりあえずamazonでVRゴーグルを買って、今いろいろお試し中です。
家族や友人にも貸してみると、案の定みんな楽しんでますねー。
1500円とかで買えるよっていうとみんな驚きます。

一体どんな感じなのか気になる人も多いかと思いますので、気軽に体験できる方法を紹介します。

amazonでVRゴーグルを探す

まずはお決まりのamazonで検索。
「VR」とかで検索するといろいろ出てきます。

主にamazonで売ってるのはVRゴーグルと言って、安価なものは本体にモニターとかが内蔵されているわけではないです。(高いやつはついてるのかな?)あくまでレンズだけがついた入れ物って感じかな?

スマホを使ったシンプルな仕組み

で、どうやって遊ぶのかと言うと、スマホを使うんですね。
スマホをゴーグルにセットして、映像を流しそれをレンズを通して見るといった感じです。仕組みとしてはすごくシンプル。

なのでゴーグルは思ってるよりめっちゃ安いです。僕のは1500円くらいで買いました。
もっと安い物だと1000円以下でも買えたりします。

まあ基本的にはレンズさえついてれば見れますからね。実際、Cardboardなど本体が紙製のものもあったりします。

僕の買ったのはこれです。

amazonで見てても本当にいろいろあるので迷います。
安い価格帯はどんぐりのせいくらべと言った感じでどれも決め手に欠けるのですが、
その中でも安過ぎず高過ぎず、レビューも悪くはなさそうだったので半ば適当に決めました。

スマホでVR動画を再生する簡単な方法

最初、何かアプリをダウンロードするのかなと思っていろいろインストールして試したのですが、どうもうまくいかず。アプリによっては不具合が多くてまともに見れないものもありました。

もしかしたらやり方が間違ってたのかもしれないですが、そもそも説明書が英語なのでよく分かりません!

そこで出てくるのがYOUTUBEです。誰もが知っている動画サイトですね。
ややこしいことはいいから早くVRを見せてくれ!って人はとりあえずYOUTUBEで見てください。もちろん無料です。

YOUTUBEでVR動画を再生してみよう

僕は最初、VRが2つの画面を同時に見ることを知らず、ゴーグルを通して動画を見れば何でも立体的になると思ってました。
なので、YOUTUBEで通常の動画を再生して「なんだこれ、ただの見にくい動画じゃねーか。壊れてんのか?」なんて毒づいてました(笑)

そうです。YOUTUBEで普通の動画を見ても立体になるはずはありません。

ある方法で、YOUTUBEに上がってる動画をVR仕様に変換してやる必要があります。

その方法を解説しますね。といってもとても簡単なんですけどね。

まず、スマホでYOUTUBEアプリを開いて「VR 360」で検索します。

360とは何かというと、360度全てが見られるVR動画です。頭を動かすとそれに合わせて視点も変わるやつですね。

「いやいや、それがVRじゃないの?」って思った人、するどいです。
それじゃないと仮想現実とはいえませんよね。

でもYOUTUBEで上がっている動画は、視点が動かないのにVRと名乗っている動画もたくさんあります。
一応立体的に見えてVR風に作っていますが、頭を動かしても視点が動かないやつです。

「VR」だけで検索するとそういった動画も出てくる可能性があるので、ここでは「VR 360」で検索しましょう。

気になった動画をタップすると動画が開きます。
そこで右上に設定を開くマークがあるのでタップ。

VRはなんといっても画質が大事。
いろいろ面白そうなのを見てきましたが、いくら迫力のある動画でも画質が悪ければ仮想現実は体感しにくいです。

なんというか、バーチャルの世界に浸りきることができないんですよね。
画質が悪いと「ああ、俺はいま動画を見てるんだな」って無意識に感じて映像に没入しにくいです。

なのでここで「画質」を上げて、なるべくきれいな映像にしておきましょう。

とりあえず、一番下の最大の画質を選んでおいてください。
もしかしたら通信環境によっては重くなるかもしれないので、その際は適宜調整。もちろんWI-FIで繋ぐのが一番です。

次に、ここがポイントですが画面右下にある赤い線で囲んだカセットテープ(若い人は分からないか・・・)みたいなマークありますよね、これをタップします。

ちなみにYOUTUBEが古いバージョンだとこのマークが無かったりするみたいです。
僕も最初見た時は無かったので、アプリをバージョンアップ(更新)しました。

もしバージョンアップしてもマークが出てこない場合は、スマホ自体が古い可能性が高いです。OSのバージョンが低いためアプリが対応してないんですね。

こうなるとYOUTUBEで見るのは難しいかもしれません。家族が新しいスマホを持っていればお願いして借りてみましょう。

さっきのマークを押すとあら不思議。
画面が2つに分かれちゃいました。

これでVR動画は完成です!
試しにスマホを動かして見てください。映像が動きにリンクしていますか?動けばちゃんとVR360度動画ってことです。

あとはこれをゴーグルにセットすれば、レッツ仮想現実の世界へ!

VR視聴の際の注意点

VRを楽しむうえで気づいた点や注意点をまとめてみました。

基本の向きはどっち?

VR360度動画は、全方位を見ることが出来る映像です。

前後左右上下、あらゆる方向が同時に映っています。
それをスマホ内のジャイロセンサーが動かす向きを感知して、映像とリンクさせているんですね。

なので、動画を再生し始めて最初に映った方向が本来見るべき向きとは限りません。
まあ大抵、最初の向きが正しくなっていると思いますが、例えば見ている途中で人に渡したケース。よくあるパターンですが、その時に借りた人は貸した人と同じ方向を見ていないと映像の向きは違ったものになります。

その人が「なんだこれ、草原しか映ってないぞ」なんて様子だったら、顔の向きを合わせるようにしましょう。

夢中になりすぎない

VRを試聴しているとついつい夢中になります。周りが見えないので、バーチャルな世界に浸りきってしまいます。

この時、手などを無闇に動かさないように注意しましょう。
特にスリルのある動画ですとやっちゃいがちです。迫りくるゾンビを手で払ったりとか。でもこれはとても危険です。周りにいる家族や友人を叩いてしまうかもしれませんからね。あるいは壁などに手をぶつけてケガしてしまうこともあります。

VR試聴している人と周りにいる人の温度差がすごい

ぶっちゃけ、VRをしている人を見るとかなりマヌケです。

でっかいゴーグルをつけているだけで滑稽なのですが、そのうえ首をくるくる動かしたり「うおーーー」とか言っちゃってる姿は、いくら普段尊敬している人でも幻滅するかもしれません。

自分ひとりで試聴している時は全然いいのですが、リアクションはTPOに合わせて行いましょう。

まとめ

今回は簡単にVR動画を見る手順について説明しました。

上でもあったようにスマホが古いとYOUTUBEがVR変換に対応していないので、もし見れない人はこれを機会に機種変更するのもいいと思います。

誰もが持っているスマホを利用して、1500円程度で手に入るバーチャルリアリティ。

話のネタに、あなたもどうですか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする