ヤフオクはもう売れない?実際に高値で売れるジャンルをご紹介

皆さん、ヤフオクは利用したことがありますか?

僕はせどり的な転売はしたことないんですけど、自分の身のまわりにあるいらないものを大量に出品して小遣い稼ぎしていたことがあります。ヤフオクの評価も現在までで300以上ありますよ!

最初はCDや本が中心だったんですけど、途中から面白くなってきてどんどん他のジャンルも売るようになってきました。

手当たり次第売ってみて、中には「こんなのが高く売れるんだ!」なんて発見も結構あったので、今回はその中からいくつか紹介したいと思います。

ヘッドホンは購入価格の80%で高値転売できる

ヘッドホンは売れます。中古でもばんばん売れます。

先日の記事でも書いたように、僕はヘッドホンをこれまで50台以上所有してきました。

決して高給取りではない僕がなぜそれだけ多くのヘッドホンを所有できていたかと言うと、
買って試してはヤフオクで売るというサイクルを繰り返していたからなんです。

新品でヘッドホンを買って、しばらく試して気に入らなければヤフオクで売る。
これの繰り返しで合計50台以上を所有していたというわけです。

ヘッドホンはどういうわけか、使用感のある中古でも売れちゃいます。
それもただ売れるのではなくて、結構高値で売れます。

売ってた僕が言うのもなんですけど、誰が使ってたか分からない中古のヘッドホンを買う人の気持ちが理解できません(笑)

古着とかなら洗えばある程度キレイになりますけど、ヘッドホンは身に着けるものにもかかわらず洗えないですからねー。僕が気にし過ぎなのかな?そこまで潔癖とは思ってなかったですけど・・・。

なので僕は買う時は必ず新品で購入していました。
そして比較的すぐ売ってましたので、尚更高く売ることができていました。状態がとてもよかったので。
場合によっては、買った金額以上で売れちゃうことも実際にありました。

いやいや、これ本当ですよ!まあ言っても2倍とか3倍にもちろんなりませんよ。
でも購入金額の110~120%くらいで売れたことは何度かありました。別にプレミアついたレアな商品ってわけでもなかったんですけどね。

世の中にはやはり情報格差というものが確実に存在するようですねー。ちょっと探せば安く買えるショップなんてたくさんあるのにね。

で、どういう商品が高く売れるかというと、国内よりは海外メーカーのものが多かったです。
知ってますか?ゼンハイザーとかAKGとかベイヤーとか。あ、海外ヘッドホンメーカーです。

中でもあまり知名度のないもの程、ヤフオクでは高く売れる傾向にありましたね。街の家電量販店はもちろん、アマゾンや楽天などでも取り扱いがほとんど無いような商品です。

ちなみにそんなマイナーな商品をどこで買ってたかというとコチラ。
サウンドハウス

ヘッドホンマニアなら誰もが知ってる通販サイトです。

実に幅広い音響機器を扱っているお店です。ここで買うことが多かったですねー。

大体の相場ですが、新品購入価格の70%~80%で落札されることが多かったです。

例えば10000円の商品なら、7000~8000円で売れます。
そのお金を別の新品ヘッドホン購入に充てる。そしてそれも試して気に入らなければすぐに売る・・・。この繰り返し。

まあいくら高く売れるからと言っても、購入価格より高値で売れることはさすがに稀です。当然ほとんどが新品購入価格よりマイナスです。

ヘッドホンという商品の特性上、買ってみないと分からない事って結構あるんですよ。

音は試聴すれば大体の傾向は分かりますが、実際自分が自宅で使う環境と店はもちろん違います。視聴機はエージングが進んでいる場合も多いですし。

装着感も、新品と試聴機では違うし、短時間試聴するのと自宅で長時間リスニングするのでも全く異なります。店で試した時は快適だったのに、いざ買って家で長時間聴いていると耳が痛くなりやすいなんてことはよくあります。

なので、僕のようなサイクルを繰り返すことで、低コストながら幅広い商品を試すことが出来るわけです。マイナス分の価値は十分ありましたね。

ってことで、あなたがヘッドホンマニアでなくても、もし不要なヘッドホンがあるならぜひオークションで出品してみてください。思ってたより高値がついて驚くと思いますよ!

オーディオ機器は故障していても転売OK

いわゆるジャンク商品ってやつです。

僕の場合は壊れたコンポでしたね。音飛びしまくりの使い物にならないレベルのものです。

それでもちゃんと売れるんですから不思議なものです。買った人は恐らく部品取りだったり、修理してさらに高い値で売ったりするんでしょうか。世の中にはいろんな仕事がありますからねー。

僕としては粗大ごみで出すつもりだったけど、試しに売ってみたら2000円くらいで売れたので本当にラッキーって感じでした。

今は粗大ごみ出すのにもお金がいりますからね。それを考えると実質3000円ほど得したことになります。

捨てるに捨てられないオーディオ機器をお持ちでしたら、ぜひ出品してみてください。

ボロボロの靴の怪しい使い道

靴も売れました。

2年くらい使い古してボロボロでしたが、それでも1000円くらいで売れました。ドラゴンベアードというメーカーのスニーカーです。

全体的に薄汚れていて、ソールはすり減り、かかとの部分は合皮が破れてたりしてました。それでも買う人はいましたね。

今思えば、少し変わった嗜好の持ち主だったのかな?と想像してしまうほど、本当に汚かったんですよ。ちゃんと履くために買ったのかな?

どんな使われ方をするか気にならない人はぜひ参考にしてみてください(笑)
もしかすると靴だけではなく、身に着けるもので使い古されてたら売れるのかもしれませんよ。

あくまで噂ですが、高校生が部活で使っていた柔道着やスパイクなど、使い古されているものほど高く売れるなんて話も聞いたことがあります。

・・・想像するとゾクッとしますね。これ以上は考えないようにします。

たまごっち、デジタルモンスターなどの携帯育成ゲーム

初期のたまごっちやデジモンは本当に高く売れました。

発売当時かなり流行ってましたよね、たまごっち。僕も例にもれず遊んでいました。
その時に買ったいろんな種類のたまごっちが実家に残っていて、今時こんなので遊ぶ人いるのかなーなんて思いながら売ってみたんですが、すぐに高値がついて売れました。

同じような携帯育成ゲームでデジモンというのもありました。
たまごっちほど有名ではないにせよ、男の子の間では結構流行っていましたよ。育てたモンスター同士で戦わせるってやつです。それも実家にあったので出品しましたが、これまた高値で売れましたね。

実際に遊ぶのか、コレクションのためなのか分からないですが、当時売れまくった商品の割りにはまだ需要があるっていうのが興味深いですよね。

本とかCDだと、売れて世に流通した商品ほど後になると相場は安くなるので。中古の供給が過多になるんですね。

なので、たまごっちはもしかしたら捨てた人が多かったのでしょうか。それとも家のどこかで眠っているけど、オークションに出品するなんて思いもつかない人が大半なのかもしれません。まあだからこそ狙い目なんですけどね。

まとめ

ざっと挙げてみましたが、この他にも売れるものはたくさんあると思います。

自分では「まさかこんなものは売れないだろう・・・」なんて思っている商品でも、他の人から見ればお宝だったりするのがオークションです。

売れないのが当たり前!と割り切った気持ちで出品してみると、意外なものが売れるかもしれませんよ。どんどん試していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする