ドクターX、2017も視聴率20%超!マンネリを打破する展開を予想!

どうも!ドクターNことnagashiuchiです。

いよいよ始まりましたねー!「ドクターX ~外科医・大門未知子~」。

普段あんまりドラマとか見ないんですが、このドラマは僕が必ず見るシリーズのひとつです。
最初に見たのは第3シリーズで、そこからすっかりハマってしまいましたね。すぐに後から1と2をレンタルして一気に見ました。それ以来、新しいシリーズが始まる度に楽しみにして見ています。

ドクターXの魅力とは

いやーしかし今回も早速視聴率20%を超えてきました。さすがです。
テレビを見ない人が増えた時代においてこの数字は驚異的といっていいと思います。

そこで、このドラマの人気の秘密を僕なりに考えてみました。いくつかあります。

〇主人公・未知子の自由さ、強さ
〇豪華なキャスト
〇さらにキャストの一部は毎回変わる
〇安定したストーリー展開
〇医療モノなのにシリアスになりすぎない

中でも最後のシリアスになりすぎないっていうのは、このドラマを語るうえでは外せない要素です。

医療ドラマって人の生き死にを扱う分、どうしてもシリアスになりがち。なのにこのドラマではそういった雰囲気があまり感じられません。

なぜか?それはずばり、随所にコメディ要素が散りばめられているからです。

むしろ回を重ねるごとにシリアスよりコメディ要素が強くなってきている感すらあります(笑)
このシリアスとコメディのバランスが絶妙なところが、ドクターXのうまいところですね。

というか今思ったんですが、このドラマで誰かが死んだことってあるんですかね?覚えがないです。どんなに窮地になっても必ず未知子が救っているイメージがあります。

西田敏行がすごい!

シリアス&コメディのナイスバランス、その象徴ともいえる存在が西田敏行です。

悪キャラの時はとことん怖い。何をしですかわからない狂気を感じさせる。
かと思えば情けないおっさんの面も出してくる。
まさにお笑いの真理「緊張と緩和」であります。

しかし、お笑いの場合は緩和がオチなので、それ以上は無い。
だが西田敏行の場合、緊張と緩和の相互作用がものすごい。それぞれがその効果を高め合っている。

狂気がヤバい分、情けないおっさんの時の情けない度が半端なく笑えるのだ。そしてその情けない度が半端無い分、次に来る狂気が更に得体の知れないものとなり物語に深みを与える。

この彼を中心としたシリアス&コメディのエキスが、ドラマ中に一貫としてある。

未知子を演じる米倉涼子の代わりはもちろんいない。だけど、西田敏行の代わりもまたいない。それ位に重要な存在だといえます。

今後の時事ネタを予想

このドラマ中でのコメディ要素でおなじみなのが「時事ネタ」の引用です。

今回も早速とばしてきましたねー!
「患者ファースト」「ゲスの極み」「忖度(そんたく)」など。ロボットのソンタ君には笑いました。

でも一つ不満をいうならば、不倫報道でマスコミが院長室になだれ込んで来たとき「一線は超えたんですか!?」は言ってほしかったなー。言うだろなーって耳を澄ましてましたが、結局言いませんでした。また後々出てくるのかな?

さてここで、今後出てきそうな時事ネタを予想してみます。

・「このハゲーーーッ!!」
これは絶対出ますね。間違いありません。ただ、誰が誰に言うか見当がつかないです。
未知子が晶さんに?それはないでしょうねー。未知子は何だかんだ言っても晶さんを尊敬してますので。以前のシリーズだと病院長の腰ぎんちゃくみたいな役で出てた笹野高史が言われ役にぴったりですが、今回のシリーズだと誰になるんでしょう?誰かハゲてる人いましたっけ。いやー楽しみですね!

・「ちーがーうーだーろー!!」
これも出ますね。間違いない。というか豊田議員ばかりですね(笑)
西田敏行が絶対に誰かに言います。海老名先生(遠藤憲一)が最有力候補でしょうか。
「海老名くーん、ちーがーうーだーろー!!」これ絶対ぶっこんできますね。

・「デートなうに使っていいよ」
これも出そうではありますが、上の2つに比べると絶対とは言えませんね。
何かの拍子で未知子にスマホで写真を撮られ弱みを握られた西田敏行が、苦し紛れに一言。「なになになに、いきなりもう。あ、それデートなうに使っていいよ」
・・・うーん、微妙ですかね(笑)

・「35億」
使う場面が限られてきますかね?普通に考えたらお金のことでしょうか。
となれば晶さんの請求する金額に対して西田敏行が言うかもしれません。
「さささ・・さんじゅうごおく!?」
いやでも、さすがの晶さんでも35億円の請求はないかな。使われる可能性は高いですが、どういった形で出てくるのか正直読めません。

先に西田敏行の話を書いたせいか、彼が言ってるシーンばかりが浮かんできました。アドリブをやたらぶっ込んできますからね、彼は。その際に上のいずれかが出てきそうな感じはしますね。

マンネリを打破するストーリー展開はこれだ!

さて、今後のストーリー展開ですが、一体どうなるのでしょうか。

ぶっちゃけ、このドラマ的にはシリーズ3位で完結していてもよかったのでは?と個人的には思います。

いや、大好きですよ。本音はずっと見てたいんですけどね。ただ、あえて客観的に見るとすれば、シリーズ3で未知子の親ともいえる晶さんの命を救ったとこで終わってるのが一番きれいだったかなーとは思います。

美智子が宇宙に行っちゃう例のエンディングなんかもシュール過ぎて最高でしたし(笑)

身内の晶さん、城之内先生を救ってしまった今、視聴者をあっと言わせるにはどんなストーリーが考えられるでしょうか。

私の考えた秘策はこれ。
ずばり「未知子が重い病になって、自分で自分の手術をする」。

これは演出が難しそうですねー。
いくらシリアスになりすぎないドラマとはいえ、ヘタするとコントになりかねません。自分で自分を手術するシーンで茶の間が爆笑に包まれるなんてことになれば目も当てられない。クライマックスで笑いが起きる医療ドラマなんて聞いたことがありません。いくらドクターXといえどもそれだけは避けたいところです。脚本家や演出家の手腕が試されますねー。

もう一つの線としては、ベンケーシー(晶さんの飼い猫)の手術
これ意外とありますよ。美智子は過去に馬の手術もしていますからね。

決めセリフはこれで決まり!「私、失敗しニャいので」。

・・・うーん、きまった。

これからの展開に目が離せそうにありません!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする