老け歴15年以上の男が実年齢よりも老けて見られる理由と対策を考える

僕は実年齢より老けて見られがちな人間です。

子供の頃はそうでもなかったんですが、20歳を過ぎた頃から初対面の人などに「年上だと思った」みたいなことを言われることが多くなってきた気がしますねー。

しかも女性によく言われるので、若い頃はなぜ老けて見られるのか真剣に悩んだりもしてましたね。

そんな「老け歴」15年以上になる僕が、若い男性の「老けて見られる問題」についてその原因と対策を考えてみたいと思います。

ハゲている

髪の毛が薄いと老けて見られます。
男性は年齢を重ねるほど薄毛になるのが一般的なので、どうしても若くしてハゲていると年齢は上に見られがちになります。

有名な所でいうと「サザエさん」の波平さんは54歳の設定ですが、やはりハゲているので現実の同年齢の人よりだいぶ老けて見えますよね。
お笑いのトレンディエンジェルのお二人もやっぱりハゲなので実年齢より年上に見えます。

老けて見られる原因がハゲだけなら改善方法は明快。
薄毛対策をすればあっという間に解決します。

姿勢が猫背

猫背だと老けて見られるのは、実際に年齢の高い人に猫背が多いからです。
年を重ねるごとに重力には逆らえず前かがみになっていくんですね。
何となく元気がなさそうに見えるのも、老けて見える原因となります。

また、猫背というのはお腹や背中の筋肉を使わない姿勢
筋肉を使わず衰えることで、血液やリンパの流れが悪くなり、結果として顔がむくんだりたるんだりすることもあるとか。
それが原因で老けて見られるということにつながります。

逆に言うと、老け顔の人は猫背を直すと一気に印象が変わる可能性があります。
今すぐにでも姿勢を正すことから意識して始めてみましょう。

顔色の悪さ、肌のくすみ

肌がくすんだり顔色が悪いと老けて見られます。
これにはいろんな原因が考えられますが、多いのは不規則な生活だったり偏った食生活だったりします。
規則正しい生活リズムやバランスの取れた食事を心がけることで改善することも多いです。

あとは僕もそうでしたが、タバコを吸っていると顔色が悪くなりがちですね。
血行が悪くなるのはもちろん、ニコチン接種でビタミンCが大量に消費されるので、肌荒れの原因となることもあります。

この機会に禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

こんにちは、元・喫煙者のnagashiuchiです。 皆さん、今日もおいしくタバコを吸っていますか?スパスパやっちゃっ...

そもそもが老け顔

老けて見られやすい顔つきっていうのは間違いなくあります。
目じりが垂れていたり、面長だったり、眉毛が濃かったり・・・。

人は年齢を重ねるにつれて肌がたるみ、どうしても目じりが下がってきますよね。
なので若くても垂れ目の人は老けて見られがちになります。

そういう人は、リンパの流れが悪くなっていることで顔がむくんでいる可能性がありますので、リンパマッサージなどを自分でしてみて改善を目指してみましょう。

でも個人的に一番重要だなと思うのは、眉毛の印象を変えることです。
手軽にできるのでぜひ試してほしいのですが、眉毛が濃い人は若干細く整えてみるとそれだけで垢ぬけて、顔つきの雰囲気も若くなることはよくあります。

いちいち抜かなくても、ひげを剃るついでにパパッと整えるだけで若返る可能性があるので、ぜひ試してみてくださいね。

ちなみに僕が先日買ったのはこんなやつです。

老けて見える髪型にしている

髪型も見た目年齢に大きく影響します。
髪型を若作りするだけでも、ぐっと若い雰囲気になることがあるので、美容院で相談してみてはいかがでしょうか。

個人的な印象としては、短髪にするとどうしても年齢は上に見られるように思います。

僕の経験談でいうと、付き合いのあった広告代理店の営業マンが、プレゼンに負けたのを詫びるために短髪に刈り込んだことがあったのですが、それまで普通に長い髪だったのが短くなったことで「この人こんなに老けてたんだ・・・」と感じたことがあったんですよね。
同僚の女子に聞いても同じ反応だったので、そういった傾向は確かにあるのだと思います。

若い髪型を選ぶ以前に、短くするだけで老けて見えちゃうことがありますので注意が必要です。

おじさんくさいファッション

こちらも見た目に関する原因です。
服装でおじさんくさくなっている男性は結構います。

具体的にいうとサイズ感が全体的にダボッとしている服装だと年齢はより老けて見られます。
スーツだと特にサイズ感は年齢と直結しているので、スーツを買う時はデザインだけではなくシルエットも気をつけて選ぶようにしましょう。

会社では老けて見えていたあの人が、私服の時に会うとそうでもなかったなんてのもよく聞く話です。

性格が落ち着いている

これはもろに僕です(笑)

同い年の女の子に「nagashiuchiくんって、キャピキャピ感がないよね」と何度言われたことか。
なんだろう、キャピキャピ感って(笑)

要は喜怒哀楽をあまり表に出さず、すぐにウェーイってしたり、ガーンってならないってことですね。
感情を表さずクールなので落ち着いて見られ、結果として年齢も上に見られてしまうということです。

見た目的には思い当たることがないのに、なぜか年齢が上に見られると悩んでいる人は、もしかしたらこういったことが原因になっているかもしれません。

改善方法としては、とにかくリアクションを大きくしましょう。
面白いと思ったら身振りを使いながら笑い声をあげ、悲しいときはうんと落ち込んで見せるようにします。

ここで肝心なのは、自分が思っているよりかなり大きいリアクションや表情で表そうとすることです。
僕もそうですが、普段あまり喜怒哀楽を見せない人は客観的にみるとかなり無表情になっているようです。
目安としては自分が「これは少し大げさかな?」と思うくらいがちょうどいいリアクションです。

特に笑顔なんかは、自分では笑っているつもりでも、意外と表情には出てなかったりするので、鏡の前で笑ってみて適切な笑顔レベルを掴むようにしましょう。

原因不明で老けている

これまで検証してきたどの原因にも当てはまらないのに、なぜか原因不明で老けて見られる人。
それはもう生まれつきの顔のパーツに原因があるとしか考えられません。
整形すればOK!なんてとても言えませんので、こういった人は残念ながら改善策はありません。

「いやいや!できるだけ若く見えるように工夫することはできるんじゃないの?」

そう思われるかもしれませんが、このレベルになるとどんなことをしても焼け石に水、ヘタするとさらに老け顔だけが強調されてマイナスになる可能性も十分にあるので、正直そのままでいた方がいいです。

しかし!諦めるのはまだ早いです。

こういう人は、ある一定の年齢に達するとそこからは若く見られ始める、といったことが起こるからです。

若い頃から老けている、老けていると言われ続けていた人って、要は早い段階で顔が完成されていたってことなんですよね。

確かに若い頃は「年上仕様」だった顔も、実際の年齢が上がるにつれてその顔が持つ適正年齢に近づき、やがて実年齢を追い越した頃、その顔は「年下仕様」へと変わります。
年齢は上がり続けるけど、顔はほとんど変わらないので。

なので、このタイプの人は時間が解決する可能性が高いので、じっくりとその時が来るのを待ちましょう。

まとめ

今回は老け顔で悩む人のために原因と対策をまとめてみました。
僕もどちらかというと年上に見られるタイプなので、悩む気持ちはとてもよく分かりますねー。
童顔の人がうらやましい!」なんて思うのはもっともだと思います。

でもですね、実はその童顔の人は実年齢より若く見られるということで苦労していることも結構あったりするそうです。
女性であれば若く見られるのは嬉しいですが、男性はそうでもないようで、むしろ悩んでいる人もいたりします。

また、そればかりでなくむしろ「老け顔」の人だからこそのメリットなんかもあります。
そのあたりはまた別記事で書いてみたいと思います。

人には人の悩みがある。
自分にとっては欠点でも、人によって長所となる。

そう考えるだけでも、少しは気持ちが楽になるかもしれませんね。

あと、見た目ではないところで年上っぽく見られているケースも多々あります。
上でも挙げた「落ち着いている」みたいなことで、雰囲気で年上に見られるパターンです。
僕もそうですが、こういった人はなるべく心を若く保つことが大切です。

「若年寄」みたいな言葉がありますが、まだ若いのに悟ったような顔して人生に諦めてるみたいなことだと老けて見られるのはむしろ当然ではないでしょうか。

見た目はもちろんのこと、心をいつまでも若く保つことで、ある程度老けて見られることは解消できるはずです。
お互い頑張りましょう!