ユニクロ「Uniqlo U」Tシャツが部屋着として100点の理由をレビュー

nagashiuchiです。

先日、ユニクロで何気なく買ったTシャツがすごくよかったのでレビューしたいと思います。

その名も『Uniqlo U クルーネックT』です。

撮影した画像もふんだんに使用したレポートになってますので、気になっている人はぜひ最後までご覧くださいね!

ユニクロの「Uniqlo U」Tシャツとは

タグ

ユニクロっていろんなTシャツがありますよね。

柄的にいうと無地はもちろん、プリント、ロゴが入ったもの。
カタチ的には、半袖、長袖、クルーネック、Vネック、ボートネックなど様々。

コンセプト的にも、いろんな企業やデザイナーとコラボしたりして、毎回僕たちを楽しませてくれています。

そんな中、僕が今回買った「Uniqlo U」Tシャツ。
これはどんなシリーズなのでしょうか?

ホームページで見てみると・・・

クリストフ・ルメール率いるデザイナーチームがパリのアトリエからお届けする、ベーシックな服に革新をもたらすコレクション。
新しい素材や洗練された技術を取り入れ、他にない服のかたちを探求することで、わたしたちの服を新しいベーシックへと創り変えていく。
Uniqlo U それは、ユニクロが目指すLifeWearの未来。

どうやら僕が買ったのは、このルメールって人ががプロデュースする「Uniqlo U」シリーズの中のTシャツだったようです。

ルメールって名前、なんか聞いたことあるような、ないような。
いい機会なんでちょっと調べてみました。

どうやらルメールは、フランス・パリの有名なファッションデザイナーのようです。
過去にはエルメスとかラコステなんかもディレクターとして担当していたという、ファッション好きなら誰もが知ってる超大物デザイナーだとか。へー。

そんな大物デザイナーが2016年にファストファッションであるユニクロと契約を結び、シリーズをプロデュースすると発表された当時は結構話題になったそうです。

さらに先日、ユニクロはさらにルメールとのパートナーシップ契約を5年継続すると発表があり、当分このシリーズは続くとか。

ちなみにこんな人です。

ルメール

・・・なるほど。
すごいやりそうな感じですね。
あ、ルメールはもちろん真ん中のヒゲの人です。

僕がUniqlo UのTシャツを買った理由

僕がこのTシャツを買った理由は、ルメールのデザインにおける考え方に日頃から共鳴を受けているから・・・とかではなく、単に部屋着として最適だなと思ったからです。

というのも、僕の部屋着に対する考え方は結構こだわりがありまして。
たかが部屋着じゃないか、と思われるかもしれませんけど、やっぱ快適におうちで過ごすためには良い部屋着が欠かせませんからね。

僕が求めていた部屋着(夏バージョン)の条件はこんな感じです。

・ゆったりとしたシルエット
・しっかりとした生地
・丈夫で長持ちする
・シンプルなデザイン
・綿100%の素材
・安い価格

順に説明しましょう!

ゆとりあるシルエット

家でリラックスして過ごすための服なので、ゆったりめのシルエットは必須です。

別にその辺のTシャツで1サイズ大きめのを選べばいいじゃん、って思われるかもしれませんけど、部屋着選びはそう単純なものではないんですよねー(ドヤ顔)。

というのも、単に大きめを選んでも身幅(横幅)がゆったりするとは限りません。
ひとつ上のLサイズを選んだにもかかわらず、身幅はほとんど同じで丈だけが長くなっているなんてパターンも結構あるわけですよ。

僕が求めていたのは、横幅もゆったり、身丈(長さ)もゆったりとしたものでした。
丈が長い方がいいっていうのは、僕はパジャマとしても使うのでお腹を出して寝ないようにするためです。

これ結構重要でして、夏は基本クーラーかけてますよね。
そんな中で部屋着の丈が短いと、いつのまにかお腹を出して寝ちゃってるなんてよくあるんですよね。
結果、冷えてお腹を壊すという。
それを防ぐためにも、丈の長さは欠かせませんでした。

ゆとりある身幅×丈の長さ。
最近はビッグサイズがトレンドなのでその流れをくんでいるのか、今回買った「Uniqlo U」Tシャツはまさに求めていたシルエットでした。

でもかといってめちゃくちゃデカいってわけでもないですよ。
ゆとりがあるけど、違和感は全くありません。
もしかしたらこの辺の絶妙なサイズ感がルメールマジックなのかもしれませんねー。しらんけど。

ユニクロのサイトにモデルの着用写真があるので、着た感じはそっちを参考にしてみてください。

念のため、僕が撮った写真も載せておきますね。

こちら表です。

表

後です。

後

しっかりとした生地

世間では「暑い夏場は薄着が正義!」みたいな風潮がありますが、僕から言わせればそんなものはすごくナンセンスです。

というのも文明が発達したこの現代、部屋で過ごす時は必ずと言っていいほどエアコンが効いています。
特にクソ暑い今年の夏なんかは、クーラーをつけてないと熱中症にもなりかねませんからね。

つまり、夏場屋内で過ごす時というのは意外と暑くないんですよね。
そんな中、薄着こそ正義!なんて古い考えのままだとダメなんです。

半袖Tシャツというのは、生地の厚さで体感は結構変わってきます。
男のビーチクが透けちゃうくらいのスケスケ生地だと、エアコンの効いた部屋では肌寒くなっちゃうこともよくありますからね。

その点、この「Uniqlo U」Tシャツは生地感がものすごい。
なんてったって「ヘヴィーウェイト」ですからね。商品説明に書いてます。
服の事あまり知らない人でも、少しさわってみると通常のTシャツとの違いに驚くはずです。

言葉では説明しにくいんですが、まあすごく厚手ってことです。
少し専門的に言えば、「度詰め」感が半端ないです。
知ってる人なら「バスクシャツのあの感じ」といえば伝わるでしょうか。
コシがあり、いい意味でゴワゴワしているというか。

この生地感をちょっとでもお伝えできればと思い、他の一般的なTシャツと透け感を比較してみましたのでご覧ください。

まずは一般的な厚みのTシャツから。
ビームスのビーミングライフで購入した普通のTシャツです。

透け感が分かるよう、色が派手なTポイントカードを使ってみてみましょう。

透け1

袖部分ですが、透け感があるの分かりますかね?
このTシャツ、別に特別薄いってわけではなく、むしろ普通のTシャツの中ではしっかりした方だと思いますが、やはり若干透け感はあります。
まあ白Tシャツなので当然といえば当然ですが・・・。

念のため、ネック部分でも。

透け2

やっぱり透けてますね。
濃い目のインナーだと間違いなく透けますよね。

それでは、「Uniqlo U」Tシャツで見てみましょう。

透け3

すみません、実は今回は白を買ってないので完全な比較とはならないのですが、なるべく近づけるために薄いグレーで試しています。

ご覧の通りまったく透けてません。

ネック部分も。

透け4

まったく透けてませんね。
おそらく白で試しても同じ結果になるはずです。
それだけ厚みがあるってことですねー。

丈夫で長持ち

いくら僕が部屋着にこだわっていると言っても、別に毎年違う服を買って楽しみたいとかじゃないです。
買い替えないで済むならその方がいいに決まってます。

その点、上でも説明したとおり「Uniqlo U」Tシャツはしっかりとした生地なので長く着られそうです。
つまり頻繁に買い替えなくてもいいってことですね。

Tシャツが長持ちするかどうかのポイントで大きいのはやはり首回りですよね。
ここがしっかりしているかどうかで、寿命が決まってくると言っても過言ではありません。
「Uniqlo U」Tシャツはその辺も考えられているようで、商品説明にもこんなことが書いてます。

首周りは、カジュアル感をだし、襟バインダー付け仕様でネックラインを伸びにくくしています。

襟バインダー付け仕様」ですって。
これが技術的にどんな仕様なのかは詳しく知りませんが、確かに手で引っ張ったりしてもかなりしっかりしてますね。
リブ部分にコシがあるというか。

言葉だけでは伝わらないと思うので、撮った写真がこちらです。

バインダー仕様

ユニクロの商品ページ見てるとこんなレビューもありました。

素晴らしいの一言。
これまでいろんなブランドの無地Tシャツを集めてきましたが、これほど上質でしっかりとした作りなのに1000円て……有名ブランドは参ったんじゃないかな。
見ていただきたいのが首回りの作り。これ、三本針の一本外しです。おったまげです。
オーバーに着たかったので3XL。いい感じにドロップショルダーになってて、最高です。黒、白、ネイビーそれぞれ2枚ずつ買いました。
おそらくですが某ブランドだと5000円以上してもおかしくない仕様です。

また新しい単語が出てきましたね。
三本針の一本外し

これまた技術的にはよく分かりませんが、とにかく見る人が見てもかなり高い技術が使われているのは伝わってきますねー。

シンプルなデザイン

部屋着というのは毎日着るわけですよね。
人は生きていると、テンションが高い日も低い日もあるわけです。
会社で嫌なことがあった日、家に帰って部屋着のデザインが
太ったブルドッグが10匹、迷彩服を着て満面の笑みでピースしている」みたいなのだったらどうでしょう。

テンションが高い時なら機嫌よく着られるのでしょうが、そうでない時僕はそんなデザインのTシャツをどんな顔して着ればいいのでしょうか。

その点、無地ならこっちのテンションがどうであれ、いつも同じ顔で冷静に僕を迎えてくれます。
そういう安心感がありますよね、無地Tシャツというのは。

ちなみに僕は部屋着を買う時は、普段着では着ないような色を選ぶことが多いです。
洗濯し終わった服の中からすぐに見つけ出しやすいからです。
あと「これは部屋着」と分かりやすくすることで、嫁が別にキレイに畳んだりしなくてもいいようにするってのもあります。

綿100%素材

これは最近僕の中で必須になった項目です。
やっぱり綿だと着心地がいいんですよね、なんだかんだいって。

僕のこれまでの部屋着遍歴のなかで多かったのは、スポーツウェア的なTシャツです。
ランニングでも使えるみたいな、メッシュになってたりするようなやつですね。

それはそれで確かに通気性に優れているので涼しいんですけど、上でも書いたように部屋ではクーラーが効いていることが多いことに気づいたので、通気性の良さなどにあまりメリットを感じなくなったんですよね。

あと僕はズボラな性格なので、手を洗ったり洗い物をして手が濡れた時とかも、タオルが近くにないと着てる服で拭いたりするんですよ。
ポテトチップスの油分がついた手とかも、そのまま拭いちゃったりとか。

その時、ポリエステル100%のスポーツウェアとかだと水を弾いちゃうんですよね。
綿100%ならしっかりと水分を吸ってくれます。
僕のズボラをこころよく受け止めてくれるんですね。やさしいね、コットンさん。

価格が安い

こんなこと言うと部屋着に悪いですが、たかが部屋着にそこまでお金はかけてられません。
おしゃれして人に見せるものではないですし、あまり高いものだと汚れないようにとか気を使ってしまいリラックスできなくなるのも困ります。

具体的には、部屋着のTシャツに出せるのは1000円が限度ですかねー。

「Uniqlo U」Tシャツは、これまで説明してきたとおりめちゃくちゃいい商品です。
他の人のレビューにも書いてましたが、セレクトショップとかだと5000円で売っててもおかしくないくらいのクオリティ。

そんな「Uniqlo U」Tシャツ、お値段なんとジャスト1000円(税抜)!

2017年秋冬に同じような商品が販売されていましたが、その際は1500円でした。
そこから一気に500円も下げてきた。
これはもうさすがユニクロと言わざるを得ませんね。

あまりに気に入ったので追加で買っちゃいました

さて、これまで「Uniqlo U」Tシャツを部屋着として紹介してきましたが、ここでご報告があります。

この度、わたくし「Uniqlo U」Tシャツを追加で購入しました!
部屋着で買ったのはオレンジの1着のみでしたが、あまりにも気に入ったのでさらに4着追加で購入。
これで合計5枚になりましたよ!

いやー、最初は部屋着として買ったんですけどねー。
でも1ヶ月くらい着てたらあまりにも着心地がいいし、しっかりとしてるんで外でも着たいって思ったんですよね。
で、気づいたら近所のユニクロに行って4枚購入しちゃってました。

気に入ったらコレクションしちゃいたくなる性格なんですよね。

これからは外でも日替わりで楽しみたいと思います!

まとめ

どうですか、今回の「Uniqlo U」Tシャツ。ほしくなってきませんか?

最後にこんなこと言うのもなんですが、僕的には胸ポケットがあれば完璧だったなーと思いますね。

外で着るならアクセントとして胸ポケットとかがあれば言うことなし!なんですけど、まあその辺は好みの問題でしょうか。

というか、そもそも部屋着として買ってたくせに勝手に外着に格上げしといて文句言うな!って話でもありますが(笑)

ちなみにこちらの商品は、限定価格とかで1000円より安くなることはなさそうなので、欲しいと思った時が買い時です。

まだまだ暑さが続く今年の夏。
半袖を買ってもまだまだ長く着られそうなので、気になった方はぜひ買ってみてください!

ユニクロ「Uniqlo U」クルーネックTシャツ