阪神タイガース 横田慎太郎は病気から復帰できるのか?

私のような阪神ファンにとって、

いや野球ファンにとって朗報(のはず)が飛び込んできました!

yokota

ずっと行方不明になっていた

阪神タイガース所属の横田慎太郎選手の情報が

ここにきて遂に明らかになりました。

球団からの発表で

横田選手は「脳腫瘍」を患っていたことが分かったのです。

阪神タイガース 横田選手とは

横田選手といえば、

2016年のシーズン開幕から

金本チルドレンの一人としてスタメンで活躍するなど

阪神ファンからすればかなり期待されていた若手選手でした。

序盤こそ勢いに乗りファンを大いに沸かせてくれましたが、

途中から成績が落ち始めその後は2軍暮らし。

来年こそは!と本人も息巻いていたはずですが、

2017年の沖縄キャンプ中に頭痛を訴え、そのまま離脱。

それ以降、ぷっつり消息が分からなくなっていました。

病気説、失踪説など飛び交う噂

球団からの公式発表はおろか、

関係者も誰も口にしない・・・。

そのためネットでは様々な憶測が飛び交っていました。

公表できないってことは精神病か何かでは・・・

といった現実的な推測から、

北朝鮮に拉致された」などの突拍子のないもの、

あげくの果てには

糸井選手に吸収されたのさ」などネタ的なものまで。

でもそりゃそうですよね。

1軍で活躍していた野球選手が、

ある意味いなかったことになっているですから。

時には、

「大阪の阪大病院で見た」とか

「桜島で土産物屋やってるらしい」など、

かなり具体的な情報なども出てきたりしましたが、

どれも確証はなくこのまま忘れ去られていくのか・・・

なんて諦めかけていたファンも多いと思います。

脳腫瘍と闘っていた

だがしかーし!!

横田選手は私たちのもとに戻ってきました!

本日の報道で、脳腫瘍から見事復帰したことが明らかになったのです。

いやーよかったよかった。

ところで脳腫瘍ってよくテレビとかでは聞くけど、

どんな病気なんでしょうか?

脳腫瘍(のうしゅよう、Brain tumor)とは、脳の疾病のひとつで、頭蓋内組織に発生する新生物(腫瘍)のことを意味する。すなわち、脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜、クモ膜、頭蓋内の血管や末梢神経、その他の頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生する。発生頻度は毎年約100,000人に12人の割合であるとされている。具体的な発生要因は明らかではない。

引用元:wikipedia

やっぱり脳という器官である以上、

深刻な病気であることにはかわりはなさそうです。

しかも発生率を見てもかなり稀なんですね。

ただし、横田選手の場合は今のところ

※寛解(かんかい)しているとのことなので、
※全治とまではいかないが症状は治まっていること

再発などの可能性もゼロではなく

まだまだ安心することはできませんが、

とりあえず元気な姿を見せてくれたことで

ホッとしているってのが

ファンからすれば本音ではないでしょうか。

横田選手は先日寮に戻り、さらには既にリハビリもはじめているそう。

着々と復帰に向けて頑張っているそうです!

これは・・・

来シーズンもしかしたら甲子園でプレーする姿を

見られるかもしれませんね~(泣いちゃうかも 笑)

ちなみに過去に脳腫瘍を患ったプロ野球選手は、

横浜ベイスターズなどで活躍した盛田 幸妃さんや

広島カープで活躍した「炎のストッパー」津田 恒実さん

などがいらっしゃいます。

最後に・・・

彼は取材に対して

「必ず復帰して甲子園で走り回る姿を見せたいです」

と力強いコメントを残してくれています。

1日でも早く、

横田選手が元気にプレーしている姿を

見られるよう願うばかりです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする