ZOZOTOWN ツケ払いの正体!与信審査の内容は?滞納したらどうなる?意外な注意点も解説

ZOZOTOWNにはいろんなサービスがありますが、その中のひとつに「ツケ払い」というのがあります。

一般的にツケ払いっていうと、飲み屋でおっさんが「つけといてー」みたいなのを連想しますよね。
なのでファッションとは少しイメージが結びつかないというか。

今回はそんなゾゾタウンのツケ払いについて、詳しい利用方法やポイント、注意すべき点なんかを書いてみたいと思います。

こういうのって公式サイトの説明だけでは十分でなかったり、分かりにくかったりしますからねー。

利用を検討している人の参考になればと思います。

ZOZOTOWNのツケ払いとは

ツケ払いがどういった仕組みなのかを見ていきましょう。

購入から支払いまでの流れ

基本的な流れはこんな感じです。

商品ページに、下の画像のような「ツケ払いできます」の表示があるのを確認。

その商品をいつも通りカートに入れて支払い方法で「ツケ払い」を選択します。

購入が完了したら後日、お金を払っていない状態ですが先に商品が届きます。
商品に間違いがないことを確認したら、とりあえず商品を着用しても問題ありません。
後払いというシステムに感謝しつつオシャレを楽しみましょう。

商品到着後、1週間くらいでハガキの請求書が届きます。
そこに支払い期限が書いてあるので、期日までに支払いを済ませましょう。

ちなみにこの請求書はZOZOTOWNではなく、委託会社であるGMOペイメントサービスというところから届きます。

知らずに「なんだこれは!振り込め詐欺だ!」なんて間違えないように注意しましょう。

支払期限

支払期限は、購入から2ヶ月となっています。
詳しい期限日は請求書ハガキに記載がありますので確認しましょう。

支払い場所

近くのコンビニや銀行振り込みで支払います。
もちろんパソコンやスマホでネットバンクからの振り込みも可能です。

手数料

ツケ払いを利用すると、1回の注文ごとに手数料が324円(税込)かかります。
請求書で届くのはこの手数料込みの金額です。

コンビニで支払えば、このツケ払いの手数料だけで済みますが、銀行振込の場合は振込手数料が別途必要となってきますので注意しましょう。

というかハッキリ言ってかなり無駄なので、できればコンビニで支払うことをおすすめします。

ツケ払いのメリット

お金が手元になくても商品を先に買えちゃうのが、最大にして唯一のメリットでしょう。

それならクレジットカードでいいじゃん!と思いますが、クレジットカードを持てない学生さんなどからするととても便利なサービスとなっています。

今はお金がないけど、もう少ししたらバイト代が入るからそれで支払う。
なんてパターンが多いようです。

これまで似たようなサービスはあったんですよ。
NP後払いとかのコンビニ後払いサービスがそうですね。
今では利用できるネットショップも増えていますし、利用者も多いです。
ただそういった後払いの支払い期限は大体が14日とか、比較的短い期間なんですよね。
その点、ZOZOTOWNのツケ払いは2ヶ月と余裕があります。

あとはネットショッピングに慣れてない人にとっては安心感があるというメリットもあります。
実際に手元に商品が届いてからの後払いなので、お金を払ったのに商品が届かなかったらどうしようなんて不安もありませんね。

デメリット

1回の利用につき、324円(税込)の手数料がかかるのはデメリットのひとつです。
ちなみに代引きでも同じ料金が取られちゃいます。

クレジットカード払いなら手数料はかからないので、この点が少しもったいないかなと感じてしまいます。

あとは支払いが忘れやすいのもデメリットと言っていいと思います。
お金にだらしない人や忘れっぽい人なんかは注意が必要です(笑)

特にゾゾタウンのツケ払いは最大2ヶ月先でもOKなので、後回しにしてしまうとどうしても忘れがちになります。
後で出てきますが、支払わないまま放置していると大変なことにも・・・。

お金が用意できた時点で、なるべく早めに支払うようにしましょう。

ツケ払いの仕組みの正体

上でちらっと触れましたが、このツケ払いの実態はGMOペイメントサービスの「GMO後払い」というサービスです。

通常(他のネットショップなどで利用する場合)このGMO後払いは支払期限が14日となっていますが、ZOZOTOWNで利用する場合に限って期限が2ヶ月となるんですね。

GMO側としては、ZOZOTOWNというファッション業界のモンスターサイトに導入してもらえることで莫大な手数料が入ってきます。
名前も売れることでしょう。

一方で、ゾゾタウン側としても最大2ヶ月の「ツケ払い」なんてインパクトのあるサービスを打ち出すことで宣伝効果はもちろん、利用者の大幅な拡大を見込むことができます。

・ZOZO「後払い導入しよかー。どこがいいかな?」

・GMO「ZOZOさんに導入してもらえるんなら、支払期限2ヶ月にしてもいいよ!」

・ZOZO「よし、あんたとこで決まり!名前はツケ払い!どやっ」

実際はどちらから持ち掛けた話なのか知りませんが、恐らくこんな感じで決まったサービスなのではないでしょうか。

どちらにしても双方にメリットのあるwin-winな仕組みであることは間違いありません。

それに加えて、僕ら消費者も気軽にオシャレができるようになったことを考えると、
まさにwin-win-winですね。

ツケ払いの抑えておきたいポイント

ここではツケ払いを利用するにあたって、事前に抑えておきたいポイントを解説します。

ツケ払いできない商品がある

上で説明しましたが、ツケ払いが可能な商品にはこんな表示があります。

ツケ払いできます

逆に言うと、この表示がないものについてはツケ払いを利用することができません。

こんな感じで、主に予約商品はツケ払いができないようになっています。

ツケ払い不可

支払いを延滞するとどうなる?

さて気になるのは支払期限が切れてしまったらどうなるのでしょうか。

聞くところによると、期限が過ぎて10日程度猶予があり請求書は有効との話もありますので、数日過ぎてしまった場合でもすぐに支払いに行けば間に合うかもしれません。

もし期限が切れていてコンビニや銀行で支払おうとしても無理だった場合は、請求書を再発行する必要があります。

「注文履歴」内、該当のご注文欄にある「請求書再発行はこちら」ボタンより、コンビニでお支払い可能な番号をご確認ください。ご確認後、すぐにお支払いいただけます。
また、請求書の再発行もご選択が可能です。
再発行を選択された場合、ご依頼後1週間程度でGMOペイメントサービス株式会社より請求書をお届けしますので、新しい請求書にてお支払いください。

※ZOZOTOWN ヘルプより

しばらく待って新しい請求書が届いたら、速やかに支払いを済ませましょう。

もしかしたら期限が切れたこのタイミングで、GMOペイメントサービスから催促メールが届いている場合もあります。
2ヶ月の期限日ギリギリで支払った場合なんかも支払い確認で時間がかかり、時間差で届く場合があるようなのでその場合は確認が完了するのを待ちましょう。
通常、2日~4日営業日で確認が取れます。

催促メールや電話を無視すると?

支払いを滞納し催促メールが何通か届いた後、それでも支払わないでいると今度は督促電話がかかってきます。

更にそれでも支払わずにいると、与信を失いブラックリスト入り、最悪の場合は訴訟に発展することも考えられます。

故意に支払いを拒否した場合だけでなく、支払い能力が無い場合もこの辺は容赦なしなので、まさに「ご利用は計画的に」と言わざるを得ませんね。

ツケ払いで購入した商品、返品はできる?

ツケ払いで購入した商品であっても返品は可能です。
ただし、そもそも返品不可の商品だとどんな支払方法でも返品はできないので注意が必要です。

その辺りのことはこちらで詳しくまとめていますのでご覧ください。

ツケ払いでの返品は、以下のように支払う前か支払った後かで手順が異なります。

●お支払い前
決済のお取消しをします。
ご注文の一部商品の返品をした場合は、返品分を差し引いた金額で請求書を再発行しますので、新たな請求書にてお支払いをお願いします。

●お支払い後
ご指定の銀行口座に振込でご返金いたします。
※土日祝日を除く、7営業日程度お時間をいただきます。

注意点としては、どちらにしても商品が到着してから7日以内にゾゾタウンに連絡する必要があります。

到着したら商品違いがないか等を速やかに確認するようにしましょう。

ツケ払いはプレゼント用に購入できない

ツケ払いは他人へのプレゼント用には利用できないと思ってください。

なぜなら商品の配送先と請求書の送り先を分けて指定することができないからです。

つまり、プレゼントとして送った相手にそのままツケ払いの請求書も届いてしまうということです。

例えばあなたが彼女にバッグをプレゼントするのに、彼女の住所を配送先に入力してツケ払いで購入したとします。
するとバッグが彼女に届いた後で、ツケ払いの請求書までもが彼女の自宅に届いてしまいます。

こんなに恥ずかしいことは他にないので、プレゼント購入をする際はツケ払いを選ばないように注意しましょう。
もちろん、ツケ払いで購入しいったん自分の家に送ってから彼女に渡すというのであれば全然OKです。

ツケ払いが利用できない場合

便利なツケ払いですが、誰でも利用できるわけではなく利用条件があります。
また、注文時には与信審査がありそこではねられるケースも少なくないようです。

○限度は最大54,000円まで

利用条件のひとつとして、ツケ払いができる金額は最大54,000円までと決まっています。

注意しなければならないのは、これはゾゾタウンでのツケ払い購入だけではなく、他サイトで「GMO後払い」を利用した金額も含めた累計金額であるということです。

つまり、ゾゾタウンでの購入が54,000円より少なかったとしても、他サイトでGMO後払いを利用し購入していた場合は、その金額によってはツケ払いが利用できない可能性もあるので注意が必要です。

あと、よく勘違いされるのは、「ツケ払いは1つの注文の支払いが終わるまでは次の注文が通らない」といった話がありますが、これは厳密には間違いです。

GMOの「よくある質問」によると

期限までにお支払いが確認できない場合、ご入金確認がとれるまで【ツケ払い(GMO後払い)】の新たなご利用をお断りすることがございます。

とありますが、あくまで前提条件としては「期限までに支払いが確認できない場合」なので、どの注文も期限が切れていない内であれば、後からした注文でも通る可能性はあると言えます。
(もちろん他サイトでの注文と合わせて累計54,000円以内に限る)

○利用できるかどうかの与信審査がある

ツケ払いを提供しているGMOペイメントサービスは詳細を公表していませんが、注文ごとに与信審査を行っています。

あくまで推測ですが審査内容としては、年齢(未成年だと通りにくい可能性も)、電話が固定電話か否か、短期間での連続注文はないか、過去にツケ払いで遅延していないか、などが考えられます。

まとめ

ゾゾのツケ払いについて、批判的な意見もあるのは事実です。
特にネット上では「借金するハードルを下げるな!」とか「クレカのない情報弱者を狙った悪徳商法だ!」などと言った声もたまに見られますね。

ゾゾタウンの肩を持つわけではありませんが、はっきり言ってそれは自己責任じゃないのかなと思います。

後で自分が支払えるかどうかなんて、少し想像力と計画性があれば考えられることですよね。

「よくわからずに利用した人が被害に合っている!」なんて声も聞こえてきますが、そもそもよくわからない人はこういったサービスを利用すべきではありません。
買い物をすれば当然お金を支払う必要があるんですから。

こんなこと言っては身も蓋もないですが、世の中の便利なサービスなんて一長一短、いい面もあれば悪い面もあるんですよね。
便利なサービスなので、うまく利用しショッピングを楽しんでいる人も一方ではたくさんいるわけです。

なんか、ツケ払いってネーミングが「借金する」っていうイメージを強くし少し損している面もありますよね。

インパクトがあるので、消費者に強い印象を残すことに成功しているとは思いますが・・・。

ネットショッピングでの後払いなんてのは、別に今に始まったことではありません。
ゾゾのツケ払いは後から払うまでの期限が長いので話題になってますが、仕組みとしては全く新しいものではないですからね。

よく「クレカを持っていない人を狙ったサービス」なんて見方をされますが、必ずしもそうとは限りません。
世の中には商品が届いてから支払いしたいって人もたくさんいます。
お金に困っていなくても普通に便利なサービスと言えます。
「期限が長いNP後払い」的な感じで考えておけば、まだ実態に近い気がしますけどねー。

きちんと計画性を持ったうえで便利に利用しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする