30代副業ブロガー・アフィリエイターが稼ぐために嫁子供を実家に帰すなどした話

nagashiuchiです。

皆さん、アフィリエイトがんばっていますか?
ブロガーとして稼ごうとブログ記事書いていますか?

僕はなんとか細々とですが、ブログの更新を続けられています。
今月で9ヶ月目ですねー。時が経つのは早いもんだ。
おかげさまでようやく月に1万PVを達成しましたよ!

突然ですが、あなたは専業?それとも副業?

アフィリエイトやブログを語るうえで、副業か?専業か?ってのはSNSでも意見が分かれています。
そのどちらもメリット・デメリットあるので正解はないですし、人それぞれ状況が異なるので最適解は必然と違ってくるのかなと思います。

専業であればブログに費やす時間が多い分、集中して取り組むことができます。
その分、結果が出るまでは貯蓄も減っていき精神的には決して楽ではないはずです。

一方、副業であれば時間が限られているので、その分結果が出るまでの時間が長くなりがちです。
その代わり本業の給与があるので、精神的にも経済的にもまだ安定しています。

僕はというと、サラリーマンの傍ら副業で始めました。
それまでアフィリエイトなんてしたことなかったし、いきなり会社を辞めてそれだけで食べていける自信なんてまるで0でしたからねー。

それにもし自信があったとしても、僕は結婚して子供もいるのでポンと辞めるわけにはいきません。
万が一嫁がOKしてくれたとしても子供のことを考えるとやっぱり慎重になるし、向こうの両親にも心配をかけることになりますからね。

副業でブログを始めて分かった事

副業でブログをスタートし9ヶ月、分かったことがひとつ。

副業ブロガーは稼ぐ以前の問題が多い!

いや、大変なことは分かっていたはずなんですよ。
石橋を叩いて渡るタイプの僕なので、事前に情報収集だけはしていましたから。
アフィリエイトは性質上、アクセス数が集まるまでに時間がかかるってことは、どんなブログを見ても大抵書いています。

でも実際に副業でやってみると、アクセス数や収益云々の前に立ちはだかる問題がたくさんあったんですよね。

どんな問題があるのか、どう大変なのか、今回はそんなことを書いてみたいと思います。
そして自分なりにその問題をどうやって解決したのか、あるいは解決しようとしたのかも合わせて書いていますので、同じような境遇で悩んでいるあなた!ぜひ参考にしてみてくださいね。

時間が足りない問題

基本的にはこれが一番の問題です。
俗に言う意識高い系の人だったら「時間がない?それって作ろうとしてないだけでしょ」なんて髪をかき上げながら言うんでしょうけど、よく考えてください。
意識が高かろうが低かろうが、時間は平等に1日24時間なんです。

副業であれば、本業で少なく見積もっても通勤合わせると8~9時間は取られるわけです。
もちろんそれだけではなく、睡眠やら朝の支度やら食事やら家事やら家族との時間やらで、使える時間は埋まっていきます。

なんだかんだで平日だと余分に取れる時間なんてのは、せいぜい1日3時間位って人が大半なのではないでしょうか。
小さな子供がいたりするともっと少なくなりそうです。

自分の解決策

時間はどう頑張っても増えないので、いかに「ブログ専用の時間」を設けられるかが勝負。
いい意味でルーティンになるように、問答無用でブログだけの時間を確保したいところです。

有名ブロガーのヒトデさんも書いていましたが、そのためには今まで自分がなんとなく過ごしていた時間を見直すことがどうしても必要になってきます。

それはスマホゲームだったり、2ちゃんのまとめを見る時間だったり、テレビドラマを見る時間だったり。

その辺りの考え方はヒトデさんのこの記事が超分かりやすいので参考にしてみてください。

何度も言いますが、24時間って枠はどうあがいても増えません。
24時間という名の箱があるとしたら、その中に「やること」という名の荷物を入れていくわけです。

その中には、既に「本業」や「睡眠」といった大きな荷物が入っているんです。

その隙間にこれまで無かった「ブログのための時間」という荷物を入れるわけなので、余計な荷物を入れている余裕はありませんよね。
場合によってはずっと入っていた大切な荷物を箱から出す必要も出てきます。
まずは無意識に過ごしていた1日の時間配分から見直すことをおすすめします。

そしてできれば同時に「ブログ」と言う名の荷物を入れる場所も決めちゃった方がいいです。
さっきルーティンという言葉が出てきましたが、いい意味でルーティンになるように1日のうちどの時間帯をブログに使うのか決めるってことですね。

疲れて眠くなる問題

本業がある人は、専業の人に比べて勤務時間中に受けるストレスが半端ないので、疲れて帰ってご飯を食べると眠くなる傾向にあります。少なくとも僕はそうです。

とてもじゃないけど、そんな白目状態でブログに集中するなんてことはできません。
特に僕のようにアルコール飲料的なもので晩酌的なことをする人にとっては、お風呂に入る間も惜しんでそのまま寝てしまいたいわけです。

自分の解決策

まったく遠慮なく寝ます。秒で寝ます。

そしてブログに関することは早起きしてやります。いわゆる朝活ってやつです。
早寝早起きは三文の徳、とても健康的ですしブログやってます感を感じられていいものです。
夜より朝の方が集中できるのは言うまでもありません。

僕は11時に就寝、朝は5時に起きてブログの時間に充てています。
たまに寝るのが11時半とかになったりしますが、そういう時は無理に睡眠時間を削るのではなく、素早くアラームを5時半に変更します。

ここでマジメな人なら「30分寝るのが遅くなったけどブログ書く時間は削れねえ、気合で予定通り5時に起きるぜ!!」となるのでしょうが、僕は違います。

その辺は臨機応変に考えた方が、結果的に長続きすると思うんですよ。
ホリエモンも言ってましたが、睡眠時間削ってもいいことはありません。
僕は最低でも6時間は寝ないと日中ダンゴムシみたいになるので、必ず最低6時間は睡眠時間を確保するようにしています。

実際、僕はこの方法でこれまで早起きを続けてこれましたからね。
スマホのアラームなら複数パターンを設定できるので、日によって変えられるよういくつか起床時間パターンを作っておくと便利です。

あとこれは冬限定ですが、朝起きられない時に読みたい記事がこちらにありますのでぜひご覧ください!

子どもがかまってちゃん問題

副業組にとって大切なのは土日など休みの日の使い方ではないでしょうか。

平日は本業がある限りどんな人でも取れる時間は似たり寄ったりですが、土日をどう使うかは人それぞれ大きく違ってきます。
そしてこの土日の使い方によって、収益化できるまでの時間も大きく変わってくるのではないでしょうか。

土日フルに使えるぞ!って人は、どんどんその勢いでいきましょう。
時間が取れるのもアフィリエイトをやるうえでは才能のひとつ、その才能を利用しない手はありません。
ぼっちでもいいじゃないですか。恋人いなくてもいいじゃないですか。
アフィリエイトを極めるのならむしろその方が時間が取れていいじゃないですか。

僕は、結論から言うと土日フルに使うことができません。
別に予定が多いとか、友達が多いとか、彼女とか嫁が遊んでやらないと寂しがるとかそんなんじゃないんです。

その理由は単純で、まだ小さい子どもが家にいるからです。

これを聞いて、意識高い系の人ならタブレットの画面に目を向けたまま「何を甘い事いってんだ、アフィリエイトで結果出したいんだろ?今はとにかく行動するしかないんだよ。子どもを言い訳にしているようじゃまだまだだね」なんて言われちゃいそうですが、本当に僕もそう思います。

でもですよ、僕がいざブログモードになったとしてもですね、家でノートPCを開いていると子どもが前に割り込んできて邪魔してくるんですよ。

他にも隣で意味不明の歌を歌いだす、すぐ横でお茶をこぼす、イヤホンを引っ張ってくる、なんて嫌がらせを延々と受けるわけですよ。
これじゃあどんな菩薩みたいな人でも集中なんてできるわけありませんよ。

小さな子供がいるブロガーの方ならなんとなく分かってくれますよね!?

自分の解決策 その1

というわけで、さくっと部屋が多いマンションに引っ越しました。

もちろん嫁に表だって「自分の部屋がある家に引っ越したい」とは言わず、通勤時間の解消とか空気が悪いとかを引っ越す理由にしましたが、僕の中では自室の確保が間違いなく最重要課題でした。
1LDKから3LDK。我ながら頑張りました。

さあ自分の部屋もできたし、休日は思う存分ブログ書くぞ!アフィリエイトするぞ!
なんて意気込んでたんですが、さっそく問題が発生。

なんと自分の部屋にはエアコンがつけられず、北向きということもあって冬はブログどころではなかったのです。
ストーブはありましたが部分的なのでとても集中できる環境じゃなかったんですよね。

てか夏もおそらくアウトでしょこれ(笑)

というわけで、冬の間は引っ越す前となんら変わらずリビングのコタツでブログ。
もちろん子供の容赦ない構ってちゃん攻撃を受けながら、です。

自分の解決策 その2

実家に帰りました。
同時に、嫁と子供を実家に帰しました。

と言っても週末限定ですけどね。
厳密には土曜だけ、僕が実家に帰るのと嫁子供が実家に帰るのを隔週で実施しています。
もちろんそれぞれの親がいる実家ってことですね。
ちなみに今日はまさに土曜日で、実家でこれを書いています。

幸い、自分の実家は土曜になると誰もいないので、気兼ねなく集中してブログを書くことができます。
昼から実家に帰って、夜になると家に戻るといった感じで、無料のブログスペースとして利用させてもらっています。

一方、嫁子供が実家に帰るターンの時は金曜の昼からなので、仕事から帰った金曜の夜から土曜はまるまる自分のためだけに使えます。
隣でお茶をこぼされたり、奇声を発したりなんてこともないので、控えめに言ってマジ卍集中できます。これ本当です。
日曜になったら車でちゃんと迎えにいきますよ。

そこまでしなくても、カフェとか図書館で書けばいいじゃん!
なんて言われそうですが、僕はどうも外だと集中できない人みたいです。
周りに他人がいるってだけでなんだか落ち着かないんですよね。
自分だけの空間で黙々と作業したいんです。

なお、この制度を我が家に導入するには、当然それなりの覚悟と根回しが必要でした。

まず嫁にブログのことを理解してもらうこと。
丸1日、家事と子育てを任せてしまうので他の日で埋め合わせすること。

子供と遊ぶ時間が減るのを我慢すること。

これらは最低限クリアしなくてはいけません。
そして実家に世話になる以上、それぞれの親に対しても理解を得る必要があります。

特に向こうの親に対しては慎重に話をしなくてはいけません。

隔週とは言え、定期的に自分の嫁と孫が帰ってくるようになるわけですからね。
何かと負担を増やしてしまうことになりますし。

僕の場合、自分が何をしようとしているのかを包み隠さず話したうえで、隔週で嫁子供がそちらにお世話になることをお願いしました。
こころよく理解してくれたご両親には感謝しています。
近い将来、結果を出してご恩を返したいと思っています。

実家が遠い人はなかなか難しいでしょうが、週末どうしても自分だけになりたい!っていう子持ちブロガー・アフィリエイターは、この「ダブル・実家に帰らせて頂きます作戦」を実践してはいかがでしょうか。

あえてこういった状況に身を置くことで、自分にプレッシャーをかける意味合いもあります。
いきなり専業になって背水の陣でのぞむ・・・なんてやり方もありますが、そこまでリスクを背負うことができない人にとってこれはこれでアリなんじゃないかと。

ここまでして、ハイ結果出ませんでしたーじゃ嫁子供はもちろん、それぞれの親にも申し訳が立ちませんからね。

え、寂しくないのかって?
そういえば今日実家に着いてさあブログ書くぞーって時に、突然嫁からLINEがありました。

あなたが家を出た後、○○ちゃんがお父さんと遊びたいって。あなたの帽子抱えてぐずってたよ

そんなの、寂しいに決まってるじゃないですか。
でも今はただやる時。

やってこます!

まとめ(長め)

このブログではいろんなジャンルの記事を書いて実験しています。
どんな記事が需要があるのか。
検索クエリはどんなものなのか。
そもそも雑記ブログで成果報酬アフィリはできるのか。

そういったことを試すために始めたブログです。
えらそうに試すとかなんとか言ってるのは、時に失敗を正当化するためでもあります。

で、100記事目前になって気づいたのは、そういえばブログとかアフィリエイトについての記事って書いてないよなーってこと。
ここ約1年の僕を一言で表すなら、テーマは間違いなく「ブログ・アフィリエイト」のはずなのに。
いま一番語れるはずのことを、これまで全く書いてなかったんですよね。

それなら実験のために書いてしまえ!とばかりに、今回勢いで書いてみました。
正直、心のどこかに「やっと1万PV/月超えた位の人間が、ブログやアフィリエイトについて書いていいのか?」なんて気持ちがあったのは事実です。
もしかしたらこれを読んでいるあなたも、同じ気持ちを持っているかもしれません。

でも、いざ書いてみるとスッキリしましたね(笑)
アフィリエイト界隈で有名なクロネコ屋さんのツイートに後押しされたのもあって、実にスラスラ書けましたよ。

僕みたいにツイッターとかのSNSで情報収集している人は多いと思います。
あそこで目につく人はみんなすごいので、「自分なんてまだまだ稼いでないし・・・」なんて気持ちになるのも当然です。僕もそうです。

でも前から思っていたのは、ツイッターで表に出ているすごい人たちの影には、その何倍もの物言わぬブロガーやアフィリエイターたちがいるんだろうなってことです。
今回僕がこの記事をスラスラ書けたのは、そういった人たちに向けて発信しようとしたってのも大きいと感じています。

僕のように、月1万PV前後で試行錯誤している人って意外と多いのではないでしょうか?
というか、いると思いたいです。
ツイッターにいるようなあんな猛者ばかりだなんて思いたくないです(笑)

なお、この記事にアクセスが集まるかは分かりません。

需要があってPVが伸びるかもしれないし、需要がないからPVも伸びないかもしれない。
あるいは需要があるのに記事が拙いのでPVが伸びないのかもしれないし、需要も記事の魅力も無いのかもしれない。
そういったことを含めて実験するブログなので、どうなるのか楽しみです。

もし、これ以降ブログについての記事が無くなったら、その時は(察し)ってことでそっとしておいてくださいね。

逆にブログについての記事をがんがん更新し始めたらそれはある程度需要があったということなので、そのことも含めて参考にして頂ければと思います。

【追記:2018.06.18】

さっそく結果が出たので、後日談の記事を書きました。

結論から言うとアクセスがかなりありました。
要因はいろいろ考えらるので、そのことについて考察しています。
ぜひご覧ください!