阪神高速の料金所でETCレーン不正通過!入口で現金払いしてた場合どうすればいい?

皆さん、カーライフは満喫していますか?安全運転していますか?

僕は免許を取って15年位経ちますが、事故を起こしたことは不思議と(?)ありません!

ただし事故とまではいかなくても、ちょいちょいミスったりすることは何度もありました・・・

そういうのは大抵、後から思い出せば笑い話になることが多いんですけど、先日やっちゃった出来事はさすがにちょっと焦りました。

それは・・・ETCカードを挿さずにゲートを通過しちゃったってやつです。

後からスマホでこういう場合どうしたらいいのか検索したんですけど、どうもしっくりこない。
不正通過した時の対応方法について、いろんなサイトで書かれているんですけど、僕のケースはそのどれとも微妙に違ってるんですよね^^;

てなわけで、その一部始終と対応方法について実体験を交えて書いてみますので、もし私と同じことしちゃったーって人は参考にしてみてくださいね!

はじまりは急用ができたことから

僕は普段からよく高速に乗るんですけど、その日も神戸方面に用事があって阪神高速に乗ったんですね。
ただ普段とは違う点があって、いつもならETCなんですけどその時は出先から急に出かけることになりETCカードがなかったので、乗り口では現金で払ったんです。

領収書とおつりをもらいながら「うわー、この感覚久しぶり。めんどくさ!」なんて考えていました。

無事にETCレーンを不正通過

大阪市内から乗ってそのままブーンと神戸方面へと車を走らせること20分。
3号神戸線を利用する人なら知ってる人も多いと思いますけど、大阪から兵庫県に入ると芦屋料金所を通ることになります。

そこでいつもなら「ETC」と表示されたゲートをくぐるんですけど、その日は現金なので「一般」のレーンに行かなければいけないわけです。
そこでおっちゃんに乗り口でもらった領収書を渡して「ピッ」ってしてもらう必要があります。
今は現金だと最大区間の料金を払うことになってるんで、間にある料金所ではそうやって領収書を見せて通行する仕組みになっているんですね。

しかし、何を思ったかついいつものクセで「ETC」ゲートに入っちゃった

気づいた時にはもう遅かったです。車線変更も間に合わず、そのまま突っ込んじゃいました。
ただし幸いなことになぜかバーは上がってたんです。なのでバーは破壊せずに済みました。
まあ見方によっては、バーがなかったせいで間違っちゃったってのもあるのかもしれませんけど・・・

通過する瞬間、とっさに上の電光表示を見たら「一旦停止」と出てました。
いやいや、後続車もあるのにあのタイミングでは無理ですw

次の料金所で事情を話すと・・・

それまで威勢よく飛ばしてたのに、その後は気になって気になって、左車線をノロノロ。
もしかしたら警察とかパトロール隊がサイレン鳴らして追いかけてくるかも!?なんてバックミラー見ながらびくびくしてましたw
「そこの白色の○○○!次の合流車線で止まってくださーい」なんて。

今思えば絶対そんなことないはずなんですけど、何せ初めてのことだったのでいろんな妄想が膨らんでました。

とりあえず、落ち着こう。次の料金所でどうすればいいか聞いてみよう。

次は絶対ETCじゃなく一般の方に行くんだぞ俺。
一般、一般・・・まるではじめてのお使いで子供が買うものを繰り返し唱えるように、僕は心の中で何度も繰り返してました。

次の料金所は3号線西行き最後の月見山
ここで、さっきまでの出来事とその対処法を聞いてみよう。きっと僕みたいなのは多いはずなんだ。きっと聞かれ慣れてるはずだ!
というかすぐに芦屋料金所に連絡してもらえれば、この場で解決するかもしれない!

そんな淡い期待を抱きつつ、心の中で「一般・・一般・・」を繰り返してたかいもあって今度は間違えずに一般へ。

そこにいたのは予想に反しておじさんではなくおばさんだった。
いいじゃないのー、きっとやさしく教えてくれるに違いない。

「すみませんちょっとお聞きしたいんですけど、さっき現金払って大阪市内から乗って、まあそれはよかったんですけど芦屋料金所で一般に入るところを間違えてETCの方に行っちゃって・・・。バーは上がってたんでそのまま通過してきちゃったんですけど、この場合どうしたらいいんですかね?」

おばさんは僕の顔を不思議そうな顔でしばらく見つめた後に言った。

「うーん、大丈夫ちゃう?」

・・・えー!ほんまに??なんかおばちゃん、適当に言うてない!?

「いやーついクセでETC入っちゃったんですよねー。本当に大丈夫かな?」

「まあお金は払ってるんだしねー。まあここでは分かんないので、もし気になるならココ電話して聞いてみて」

おばちゃんはそう言って「阪神高速お客様センター」と書かれた紙を渡してくれた。

「そこ電話したら分かると思いますよ。通過した記録とか全部見てると思うんで」

・・・おお。何か分かりそうだ。ありがとう、おばちゃん!!不安だったけど、話せてちょっとだけホッとしたよ。じゃ、お仕事がんばってね!
車を出そうとしたその時、それまで冷静だったおばちゃんが大声で叫んだ。

「お客さん、お金お金!!」

ここから先は第二神明という別の高速に入るので、新たに別料金が必要だったのだ。
・・・もう、俺のうっかりさん!

ここまでのおさらい

話が長くなってきたので、ここまでの流れをいったんまとめておきます。

・大阪市内の某入り口から現金を支払って阪神高速に乗った
・神戸方面へ行く途中、芦屋料金所でETCゲートに行ってしまい、そのまま通過
・この時、本来すべき領収書の提示を行っていない状態(領収書にあるQRコードを読み取ってもらってない)
・高速を降りた後もすぐには連絡はせず

つまり、お金はきちんと払っているけど、途中の料金所では処理していないことになっているので、後から請求とかされて面倒なことになったら嫌だなーって感じでモヤモヤしてたんですね。

電話で対応策を聞いてみる

次の日の朝、僕はおばちゃんからもらった紙に書いてあった電話番号に早速連絡しました。

※後から調べると、私が連絡したのはここの番号でした。
阪神高速お客様センターへのお問合せ

その際、手元に入り口でもらった領収書を用意しておきました。
ここに記載されている番号とかを聞かれるので、同じような理由で連絡する際は必ず用意しましょう!

ガイダンスに従ってダイヤル操作した後、すぐにオペレーターの人につながりました。
電話する前は「まあどうせ高速道路会社やし役所みたいに適当な感じなんやろなー」なんて勝手に思ってたんですけど、
実際に対応してくれた男性は、なんというか実に丁寧。
いや、バ〇がつくほど丁寧。これにはびっくり。

これまで家電メーカーやらケーブルテレビやら数多くのカスタマーセンターに電話してきましたが、そのどこよりも丁寧だったと言っても過言ではありません。
まるで誰かに横からピストルでも突きつけられてるのか?なんて想像してしまうほどに(不謹慎すぎ!)。

電話で伝えた内容

で、これまでの経緯を説明したところ、やはり想像通り芦屋料金所で未処理の対象となっているはずなので、そのデータを削除する手続きが必要とのこと。

手続きをするにあたって聞かれたのは以下のとおりです。

【領収書の記載情報】
・最初に乗った入口名
・支払った金額
・乗った時間
・発行番号

【車の情報】
・車種
・カラー
・ナンバー

【その他】
・不正通過した大体の時間
・僕の名前と電話番号

こんな感じです。

想像ですが、該当する領収書番号があるか入り口の履歴データで確認、芦屋料金所で通過した際の映像を見てナンバーや車種なんかを照合し、最後にその未払い状態だったデータを削除って感じで処理するのではないでしょうか。

途中、ナンバープレートにある平仮名の1文字がどうしても思い出せずにいたのですが、
そのことを男性に伝えると
「いや、それはもう!大体で結構でございますのでハイ!」とか言ってましたので、多分断片的でも大丈夫かと思います。
まあ事前にこのページ読んでるならちゃんと確認しておいてからの方がいいかもですね。

あと、乗った時間を聞かれた時に間違えて有効時間の方を言っちゃって、そのことを謝って訂正したら
「いやいや!めっそうもございません!こちらこそややこしいことを言ってしまい申し訳ございませんでしたぁー!」
って逆に謝られちゃいましたよ。
・・・いやー、丁寧すぎるでしょwまあ無愛想より全然いいんですけどね!

少し話がそれましたが、上記のことを伝えたうえで、最後に領収書をFAXで送信するように言われ電話を終えました。ここまで約15分。ふぅー。

この時、向こうがFAXを確認した時点で一度連絡をもらうか、全ての処理が完了してから連絡をもらうかを選ぶように言われましたが、僕はいちいち連絡してもらうのも何なので、全て完了してからで大丈夫ですと伝えました。

もし心配であれば両方のタイミングで連絡もらえるようにしておきましょう。

ってことで、A4の白紙に領収書を貼り付け、担当者の名前と自分の名前・電話番号を書いたものを持って近所のコンビニで送信。ひとまずこれで安心かな。

FAXしたのがお昼休みだったので、もしかしたら当日連絡あるかなーと思ってましたけどその日は連絡はなし。さすがにそこまでバカ丁寧ではなかったようです。

処理が完了、気になってたことを質問してみた

結局、次の日の10時半頃に完了連絡が。その時は最初の担当者ではなくいかにもオペレーターって感じの女性でしたが、
僕はひとつ気になっていたことを聞いてみました。

それは「もしあのまま連絡せずに放置してたらどうなってたのか?」ってことです。

僕が質問してくるとは思ってなかったのか、少し面食らった感じになりつつも彼女は答えてくれました。

「ま、あの不正に通過したということで未払い状態で、ナンバーとかもすべて撮っていますので、場合によってはご本人様を特定してこちらから連絡することもあるかと思います」

うーん、「場合によっては」とか「連絡することもあるかと思います」とか、何かすごい曖昧な印象でしたね^^;

「じゃあ、今後万が一同じようなことがしちゃったら、例え最初にお金を払ってたとしても連絡は必ずした方がいいってことですね?」

「そうですね、未払いデータが残ってしまうので・・・」

僕はその後お礼を言って電話を切りました。

今回わかったこと!

結論としては、

・入り口でちゃんと料金を支払っていても、途中の料金所で処理せず通過すると未払いデータが残ってしまう
・未払いデータを削除するにはこちらから連絡して処理してもらう必要がある
・未払いデータがあるからと言って、必ずしも阪神高速側から連絡や請求がくるかはケースバイケース

個人的な印象ですが、今回のようにちゃんと料金を支払っているケースであれば
途中で未処理のまま通行してしまったとしても恐らく連絡が来る可能性は限りなく少ないのではないでしょうか。

上記の女性の回答を見ても分かる通り、そう聞かれたらこう答えるしかないって感じですごく曖昧だったので。

ただ、僕もそうなんですけどこの曖昧な状態ってのが精神衛生上よろしくないw
「もしかしたら請求とか来てめんどいことになるかも・・・」なんて考えてしまってモヤモヤしてしまう。

なので今後もし同じことをしてしまっても、僕は絶対に自分から連絡しますね。早くスッキリさせたいので。

このページを見て「うーん、なんか連絡しなくても大丈夫そうな感じ?」って思われた方も、ちゃんと連絡することをおすすめします。
料金払ってるとはいえ、勘違いされて請求とかされたらめんどくさいじゃないですか。早めにスッキリしときましょう!

以上、長くなりましたが同じようなケースでお困りの方が少しでも参考になりましたら幸いです。

それではよいカーライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする