美容院に行くのは初めて!?コミュ障のための恥をかかない方法とは

この記事を読まれているということは、もしかすると美容院に行ったことがない人かもしれませんね。

美容院という場所に行ったことなくて、デビューしようか迷っている人。
あるいは、デビューしようと決心して事前に色々調べている人。

どちらにしても、美容院に対して不安な気持ちを抱えているかと思います。

でも大丈夫です!安心してください。

何を隠そう、僕もこの年齢(30代半ば)になるまで、ちゃんとした美容院に行った事がなかったんですよね。

そんな僕でも、なんとか無事に帰ってこれましたから(笑)

美容院デビューしてきたよ!

僕は特に髪型とかにこだわりがなく、千円くらいで切ってくれる近所の散髪屋に通ってたような人です。

そんな僕が、さっき初めて美容院に行ってきました!

ネットで検索すると「美容院行くときに気を付ける事○○個!」みたいなブログがいくつも出てきますよね。
僕も最初は検索してそういったブログを読んでいました。

でも、大半は普通に美容院に行ってる人が「初心者って多分こんなこと悩んでるんだろうなー」って感じで、いわば教えてあげている感満載で書かれているものも多かったり。
なんというか、どうもリアリティがないので読んでても不安は解消されなかったんですよね。

本当に初めて行って来たからできるアドバイス

先ほども申し上げた通り、私はあくまで美容院デビューしたての身です。
昨日までは、いや今日の16時41分頃まではあなた方と同じ未経験の立場だったのです。
なので美容院デビューに不安のある方の気持ちはよーく分かります!

そんな僕が、美容院デビューに向けてドキドキしているあなたの不安な気持ちを少しでも解消するために、気をつけるべきポイントをお伝えします。

というか僕が美容院デビューする前に読みたかったのって、ノウハウっていうよりは初めて行った人が書いた体験記みたいな記事なんですよねー。

というわけで、デビュー前の僕が読みたかったような記事を今回は自分で書いてみたいと思います!

美容院の一連の流れはこんな感じ

まずは美容院についての大まかな流れです。
大体行って何をするか把握しておくだけで、少しは不安が解消されるはず。

  • どの美容院にするか決める
  • 電話して予約する
  • 来店する
  • 簡単なカウンセリング
  • シャンプー
  • カット
  • シャンプー
  • アフターケア
  • 支払い

多少の違いはあるかと思いますがこんな感じです。
どうです?そんなに特別なことはないですよね。

順に詳しく見ていきましょう。

どこの美容院にしよう?

まずはどの美容院にするか決めましょう。
といっても私もそうでしたが、どこがいいかなんて最初は分からないですよね。

どこの美容院もとにかくオシャレに見えます。
初心者にとっては、表に貼ってあるモデルのポスターとかが余計入りづらく感じたり(笑)

でも、初心者のあなたが選ぶ基準はただひとつ。

とりあえず、家から一番近くの店を選びましょう。

まずはデビューすることが目的です。
今回はいいお店を見つけるのが目的ではありません。

でもなんで一番近い所がいいの?
って話なんですが、初めての人にとって一番いけないのは、いろいろ調べたりしてるうちにデビューする気が失せることです。

なので「一番近所のお店」という分かりやすい基準で、さっさと決めてしまったほうがいいというのが僕の考えです。

ただし、値段だけはちゃんと確認しておきましょう。
いくら歩いて1分という近さにあるからといっても、価格を調べずに行くのは少し危険です。もしかしたらバカ高い上級者向けのお店かもしれませんからね。

高いお店になればなるほど、初心者にとってハードルが高くなるので、その意味でもできれば高級なお店は選ばないようにしましょう。

具体的にいうと、カットだけで4~5000円を超えてくると「おや?」って感じですね。
カット4000円以下、できればカット3000円くらいの「ちょっとリーズナブル」なお店が理想です。

それくらいの価格帯であれば、初心者がそこまでしり込みするような雰囲気ではないはずです。

予約をしよう

行く店を決めることができたら、お店に電話予約をしましょう。
基本的には、お店に電話をかけて希望の日時が空いているかを確認します。

・・・ところで、予約などの電話をするのは得意ですか?
僕は結構苦手なんですよねー。
同じように苦手だっていう人、意外と多いのではないでしょうか。

というわけで、知らない人と電話で話す時、緊張しないテクニックを調べたのでここでお伝えしましょう。

ポイントは3つです。

・話す内容をメモに箇条書きしておく

・話し上手の人になりきって話す

・ゆっくりとした口調で話す

これを抑えるだけで、自分でも信じられないくらいスムーズに話す事ができます。

特に「話し上手の人になりきる」というのは効果的です。
自分の中で話し上手な人のイメージってあると思いますが、その人を演じる感じで話すんですね。

知り合いや家族ではなく、あくまで赤の他人との会話ですので、少々演じたくらいで変とはまったく思われません。
ここぞとばかりに話し上手になりきって会話してみましょう。

具体的な対策をこちらでまとめていますのでよかったら参考にしてみてくださいね。

電話せずにネットで予約もできる

あるいは、電話で予約するのがどうしても嫌ならネットで予約するのも方法のひとつです。

例えば、ホットペパービューティーに載っているお店はネット上で簡単に予約することができるので、いちいち緊張して電話しなくても済むので本当に楽です。

パッと見、女性っぽいサイトに見えますが、男性なら一番上のところでメンズに切り替えることができます。

もし行きたいお店が載っていたら、クーポンも使えて安くなるので一石二鳥。
電話予約でヘトヘトに緊張しちゃうくらいなら、サクッとネット予約して次のステップに行きましょう!

ホットペパービューティーの無料登録はこちらから

ホットペッパービューティーの詳しい使い方もこちらに書いていますので、よろしければ参考にしてみてください!

実際に来店しよう

予約当日になると、いよいよ来店です。

もしかしたら朝起きた時からそわそわと落ち着かない人もいるかもしれませんね(笑)
1時間くらい前になってくると、時計が気になって仕方なくなってきたり。

で、マジメな人だと「10分前に着くように行こう」なんて、かなり早く家を出てしまいそうになると思いますが、少し待ってください。

美容院は別に仕事の商談ではないので、早めに行く必要は全くありません。

というのも、これ失敗したなーって思ったんですが、実際に僕も10分くらい前に着いちゃったんですよね(笑)
遅れて店員さんに怒られたら嫌だったので・・・。

着いた時、まだ前の人が終わってなかったので、受付近くのイスに座って待つように言われたんです。

そこで店の中を眺めてたんですが、そのオシャレっぽい雰囲気にさらに緊張してきてしまいまして(笑)

やっぱり美容師さんはオシャレな人が多いなーとか。
お客さんも慣れてそうな人ばかりだなーとか。

ヘタに早く着いて待ち時間があると、待ってる間にあれこれ考えてしまうんですよね。

なので、あなたにはそういったことを避けるためにも、できるだけ予約時間ちょうどに合わせて行くことをおすすめします!

基本的には家から近い店を選んでるはずなので、時間もきっと読みやすいはず。

着ていく服装は?

美容院についてよくある疑問、それは服装についてです。

どんな服を着て行けばベストなのか迷う人も多いようです。

色々と調べた結果ひとつ言えることは、服装の色(特に上の服)は白や黒は避けましょうということ。

理由は、白は切った髪が付いた時に目立ちます。
逆に黒だと髪の毛がついてても分からないので、ついてる髪を払いのけたいときに見えにくくなります。

というわけで、できればグレー系の服で来店することをおすすめします。
もし髪が付いていてもそこまで目立ちませんし、家に帰って払う時もちゃんと見えますからね。

あとこれも結構重要なのですが、実際に美容師している知人に聞いたところによると、できればフード付きの服はやめておいた方がいいです。

理由はお分かりかと思いますが、ズバリ着る時に邪魔になるからですね。
シャンプーする時も最悪濡れちゃったりすることがあるようなので、パーカーなどフード付きの服は避けた方がいいでしょう。

かっこつける必要なんてない!

到着時間はバッチリ。
服装もちゃんと考えて着てきた。
あとは、目の前にある店のドアを開けるだけというところまで来ました。

この際、初めてなのになぜか慣れた風を装ってしまう人がいるでしょうが、そんな必要はまったくありません!

いや、気持ちはよーく分かりますよ。
なんせ初めてのことなので、挙動不審になって恥ずかしい思いをしたくないみたいな気持ちになるのは当然です。

ただ、この時点では店員さんからすればあなたは「当店はじめてのお客様」ではあるものの、あなたが美容院デビューくんだとは知る由もありません。
というかそんなことに全く興味がないでしょう。
なので特別慣れた風を装う必要はまったくないんですよね。
無駄に緊張するだけ無駄ってもんです。

極端に言うと、少々かんでしまったりしても全然OKです。
たとえ美容院に行き慣れてる人であっても、初めてのお店に行く際は少しは緊張するはずです。

むしろ、そういうシチュエーションだと思い込むのも一つの手かもしれませんね。

カウンセリング、アンケート

初めてだと店に着いてカウンセリングがある所も多いようです。

あるいはアンケートのようなものを書くことになるかもしれません。
僕もいろいろ質問が書かれた紙を渡されたので、1つ1つ記入していきました。

そこには、髪に関する事柄が質問形式で並んでいます。

ちなみに僕が行った所では「店員の接客について」といった項目がありました。

・話がしたい

・話しかけないでほしい

・どちらでもない

本音としては話しかけないでほしいに○をつけようかなと思いましたが(笑)、なんとなくイヤなやつっぽいので空欄にしておきました。

というか、こんなアンケートなんて店員さんもろくに見てないと思いますよ!

まあ「髪のお悩みや質問」的な項目についてはきちんと伝えておいた方がいいとは思いますが、こんなん聞いてどないすんねん!的な質問は空欄でいいと思います。

実際、空欄にしたところも多かったですが、何も言われませんでしたよ!

シャンプー時のあのセリフの正体とは?

席に案内され、担当の美容師さんとご対面。

店によって異なったり、時と場合にもよりますが、通常であればまず最初にシャンプーをしてもらいます。

「え、なんで先にシャンプー?汚いやつだと思われてんのかな?」
なんて心配する人もいるでしょうけど違います!

これも店や担当者によりますが、主な理由としては

・ワックスを洗い流す
・濡らしてボリュームを落とし切りやすくする

などがありますが、場合よにっては店の混み具合でしたりしなかったりすることもあるそうです。
まあ要は店の方針だったり、担当者の考え方だったり、混雑具合によって変えるくらい曖昧なものだということですね。

なので自分は汚いのか?なんて深く考える必要は全くありません!

でその際、「かゆいところはございませんか?」なんてことを聞かれます。
テレビなどで一度は耳にしたことがあるあのセリフです。

ここは深く考えず、「はい」と言っておけばいいかと思います。

というのも、正確にかゆい位置を伝えるのはかなり高度ですからね。

試しに今やってみてください。
後頭部らへんが痒いと想定して、その場所をピンポイントで伝えることができそうですか?

実際やってみると分かりますが、「そこから少し右に行ってもらって・・・あ、もうちょっと上です、って、行き過ぎた!」なんて感じになるのは間違いありません。

そんな感じでグダグダになってしまい、シャイなあなたはヘトヘトに。
結果、「二度と美容院になんて来るもんか!」なんて気持ちになってしまったら最悪ですからね。

なので本当にかゆくてもここは我慢した方がいいでしょう。

「せっかく聞いてくれたのに・・・」と思われるかもしれませんが、そこはまったく心配いりません。
美容師さんも仕事なので義務的に聞いているだけだそうです。

というか、ほとんどの人はかゆかろうがどうであろうが、かゆいところがないか聞かれても「はい」と答えると思います。

それくらい、形式だけのやり取りだと思ってください。

行く前にはシャワーを浴びておきたい

美容院初心者の人は特にですが、美容院に行く前にできればシャワーは浴びておいた方がいいでしょう。

「どうせ行ったらシャンプーするんでしょ。だったらいいじゃん」

と思われるかもしれませんが、髪を切るのって本当に美容院さんと近いんですよね。

美容師というと若くてきれいな女性の方も多いので、もしお風呂に入らずに来てしまって「におってないかな?」なんて余計なことを考えるハメにならないよう、シャワーを浴びて清潔にしてからのぞみましょうよ!

なんでこんなこと書くのかというと、何を隠そう僕がそうだったからです(笑)
前の日にお風呂は入ったとはいえ、予約時間は夕方だったので、入って行こうか迷ったんですよね。

でも、どうせシャンプーしてくれるからいいかなんて安易に考えて入らずに行ったんですけど、これが良くなかった。

担当してくれた美容師さんがめちゃくちゃ美人で、しかもカットする時とかめちゃくちゃ距離が近いじゃないですか!

男としては嬉しいシチュエーションに違いないのに、僕の心の中の70%くらいは「カラダにおってないかな?」でしたからね(笑)

というか、そもそも美容院のシャンプを風呂感覚で考えるのが間違ってるんですよね。
シャンプーだけじゃ体臭は消せませんから(笑)

というわけで、できれば美容院デビューの際は事前にシャワーは浴びておくことをおすすめします!

どんな髪型にするかオーダーしよう

シャンプーが終われば、いよいよカットです。
どんな髪型にするかを細かく聞かれます。

ここが町の床屋とは大きく違う点なので、最初はうまく伝えられないかもしれません。
もしかするとヘアスタイル集みたいなのを渡されることもあるので、それを参考にしつつ相談してみましょう。

ただし、最低限これくらいは自分の中で把握しておくと、おのずとオーダーもしやすくなります。

・自分の頭のカタチの特徴(後頭部が絶壁、頭が大きいなど)
・髪質(ペタンとなりがち、ふくらみがち、太い細い、多い少ないなど)
・ざっくりとした希望の長さ(何cmくらいまでなら切られても許容範囲なのか)
・自分の中でのNG事項(おでこが広いので前髪は長くおいておきたい、など)

まあでも、最初から細かいオーダーなんて出せなくて当たり前です。
僕だってカタログを見ながら、かっこいいやつを指さして「これがいいですかねー」なんて曖昧な感じで希望を伝えたくらいしかしてませんからねー。

特にこだわりが無く、本当にどんな髪型でもいい!って場合は「どんな髪型が似合いそうですかね?」と堂々と聞いてみてください。

美容師の人が最適な髪型をカタログからピックアップしてくれるので、あとはあなたの好みで選んじゃいましょう!

あるいは、上で出てきたホットペッパービューティーの中にはヘアカタログも載っているので、そういったのを参考にしてみてもいいかもしれませんね。
もちろん無料で見られますし、ネット予約もできるのでさくっと登録だけでもしておくととても便利ですよ。

ホットペッパービューティーで似合う髪型を探してみる

話しかけられたときの対処法

美容院初心者のあなたが心配していること。
それは、「美容師さんに話しかけられたらどうしよう」ということではないでしょうか。
僕もそうですが、ここに苦手意識がある人も多そうですよね。

ちなみに僕はネットなどで調べて、聞かれそうなことをリストアップしてそれに対して答えを用意しておきました。

・なぜ当店を選んだのか?(知り合いの紹介?雰囲気が良さそうだったから?)
・近くに住んでいる?
・普段何されている人?(深く聞かれたくなければ事務系ですねとか適当に言っておきましょう)
・髪で気になることとかある?(さっき上でリストアップしたやつですね)
・カット以外でしてみたいこと(カラー、パーマなど)
・趣味のこと

まあでも、こちらもあまり深く考えない方がいいかもしれません。

話すのが嫌そうにしていれば、よっぽどのKY美容師じゃない限り深く聞いてくることはないはずです。

髪型がしっくりこない場合、指示はどうする?

ひととおりカットが終わり、最後に「こんな感じですがいかがでしょうか?」と鏡で全体を見せてくれます。

ここで内心「もうちょっと短くしてほしいなあ」とか思ってても、つい遠慮して「あ、大丈夫です」なんて言っちゃいがちですよね。
僕もそれをしちゃって、今ちょっと後悔しています(笑)

でも家に帰って妻に言うと、「もったいない!私はいつも遠慮なく直してもらうよー」だそうで、さらに後悔しております。

なので、せっかく高いお金を払って美容院デビューしたのだから、自分が納得できないところがあれば遠慮なく伝えましょう!

冷静に考えると、美容師さんにとっては追加修正なんて当たり前の作業なんですよね。
むしろ最初から納得してもらえるなんて思ってないのでは。

実際、妻のように美容院に行き慣れてる人は、必ず一度は微調整してもらうとか。
まあさすがに3回、4回となってくるとうざがられるでしょうけど、1度くらいの修正自体は何の遠慮もいらないと心得ておきましょう。
もちろん僕も心得ておきます(笑)

まあ本当に最初からバッチリなら「いい感じですね!」と伝えてカット終了です。

アフターケア

カットが終われば、これも店によるとは思いますがアフターケアがあります。

私の場合は頭皮マッサージでした。
まあオマケみたいなものですが、どうせなので気持ちよくなっちゃいましょう。

店によっては、肩をもんでくれたり、フェイスマッサージとかもあるみたいですねー。

あなたの行く店はどんなことをしてくれるか楽しみにしておきましょう!

お疲れさまでした!

よくここまで頑張りましたね!お疲れさまでした。
すべてが終わり、お金を支払ってメンバーズカードやポイントカードもらって、あとは帰宅するだけです。

おそらく店を出た瞬間、これまで感じたことのない解放感を感じることでしょう。

風が吹くと美容院独特のいい匂いが自分からしているのが分かります。

髪型も含め、新しいあなたの誕生です!

美容院でカットする価値とは?

カットというのは物を買うわけではなくサービスを買うので、なかなかその価値に気づかない人が多いです。

もしかしたら美容院代は高いと思っているかもしれませんが、要はかっこいい髪型で毎日を楽しく過ごすことが出来るってことに価値があるわけですね。

それだけでも十分いつもより多めに出す価値はあると、今の自分なら断言できます!

デビューしたてが偉そうにデビュー君にアドバイスするというこの記事、いかがでしたでしょうか?

まずは何かと便利なホットペッパービューティーに無料登録して、近くの店を探す事から始めましょう!

ホットペッパービューティーの無料登録はこちらから

この体験記事が、美容院デビューするあなたの背中を押すことになれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする